回答受付が終了しました

百分率で1分は1%を表すのに、5分5分と言う言葉はなぜfifty-fiftyという意味で使われるんでしょうか。普通に考えれば5割5割なんじゃないですか??

回答(4件)

0

分は、1/10の意味です。 36.5度を36度5分と言ったり、 桜が半分咲いたら五分咲きと言ったりするのが、 その証拠です。 デジタル「大辞泉」では、 「分(ぶ)」の意味として、 (1-4省略) 5 全体を10等分したもの。10分の1相当の量。 6 単位の名。 ㋐割合・利率で、1割の10分の1。全体の100分の1。 (㋑以下省略) となっていて、 割合・利率の単位として使う時だけ、 全体の1/100になる、という語釈です。

0

全体の10分の1を表す「分(ぶ)」という語が先に使われていて、後に歩合を 表す「割」という語が登場してきたからです。 「割」という歩合の概念が登場したのは江戸時代であり、その前から「分」 は使われていたのです。 「盗人にも三分の理」「五分五分」とかは「割」が登場する前に創られた語なのです。

0

10を5と5にに分けると言う意味です。 5分の分は「わける」意味です。 100分率の分ではありません。

1

元々、「分」は10分割したうちの一つを指す言葉として利用されていたそうです。「五分咲き」など。 ただ、1600年ごろには既に1%を表す意味でも使用されていた様で、使用する場面で意味が異なるということですね。

1人がナイス!しています