回答受付が終了しました

社会保険労務士、行政書士、中小企業診断士の3資格の中で難易度、日常または仕事(本業ではなくサブ知識)での有用度を教えてください。 主観で構いませんが、理由もつけてもらえると嬉しいです。

回答(7件)

1

難易度 社労士>中小企業診断士>行政書士 有資格という意味では、中小企業診断士は国家資格ではなく、独占業務を持たない。社労士一本で食っている人は沢山いるけど、他二つは社労士や税理士や司法書士がサブで取る資格。難易度もそれに付随している。 例えば、行政書士や中小企業診断士で社労士試験に合格できない人はいるけど、逆は聞いたことがない。 ただ、優秀な人はコンサルとして成功できるけど、顧問契約が取れる社労士に比べて成功するのは更に厳しい。難易度の話からは少し逸れるけど。 あと、行政書士は市役所とか公務員を何年かやるともらえるし、税理士は無試験で登録可能。 有用度 社労士>中小企業診断士>行政書士 一般人が仕事やプライベートで役立つのは社労士の知識。労働法や年金や社会保険制度に詳しいことは自分の生活に役立つ。 経営者なら中小企業診断士の知識も役立つけど、そうでないなら使う時がない。 行政書士も個人レベルで見ると行政手続きて市役所くらいしか使うこと無いだろうし、特段の知識が無くても出来る手続きしか普通に生きていて必要になることはほぼない。

1人がナイス!しています

1

難易度:社会保険労務士>中小企業診断士>行政書士 有用度:社会保険労務士>中小企業診断士>行政書士 難易度は資格取得の難易度がそうであろうと思うから。 有用度について 社会保険労務士の業務の範囲は企業の日常的な人事・労務管理全般に亘るので、日常的に有用である。 中小企業診断士は活躍の場が限られてはいる。 また、資格取得者がそれほど実務に長けている訳でもなく、人に依るのだろうが何のアドバンテージも感じさせない人が(私の経験では)多い。 他の回答に「コンサル能力はあっても需要が無い」みたいなものがあるが、私の実感としては、(なんちゃって)コンサルのカモにされている経営者は決して少なくない。 ただ、この手のコンサルは「ある商材」を得意げに売る連中であって、世間知らずの経営者が商材の目新しさに惹かれて無駄なコンサル料を献上するという構図なので、中小企業診断士のマーケットとはなり得ない現状があると思っている。 結論として、「有用」という意味に限定すると、第三位の行政書士に劣るという見方もできるかも知れない。 行政書士は、ずばり専門の業務に関しては「有用」そのものであるが、企業側の需要として日常的、定期的に発生する業務は殆ど無いので、受注対象となる仕事が潤沢にあるかと言うとそうとは思えない。(やり方によっては業務範囲を広げて多忙な行政書士が居るには居る) つまり、活躍の場が極めて限定的と考えられる。 全くの私見ですが、以上の通りと感じます。

1人がナイス!しています

1

難易度 診断士>社労士>行政書士 有用度(年収) 診断士500万~3000万 社労士200万~700 行政書士同じくらい 社労士、行政書士は、書類作成など作業の比重が高い。診断士は、経営コンサルなので、戦略策定など提案が主要業務の場合多い

1人がナイス!しています

1

難易度 診断士=社労士>行政書士 有用度(儲かり度) 診断士>社労士=行政書士 診断士は、事業再構築補助金申請書作成で採択になれば1回4から6百万程度。コツさえつかめば簡単。1ヶ月に1件処理できる。 補助金はなくなると言う人もいるが、手を変え品を変え出てくる。 ものづくり補助金が代表。

1人がナイス!しています