好きな人について。

ベストアンサー

0

回答ありがとうございます。 なるほど、たしかにそれもありそうですね。 朝も帰りもこちらから挨拶すると笑顔で返してくれるのは気を遣ってくれているのでしょうか?

その他の回答(1件)

0

脈というものは徐々に築いていくものであって最初から用意されているものではありません 一度や二度の食事程度では脈は生じないものでして じっくりコトコト脈作りをしてから思いを伝えなければなりません 焦って思いを伝えて『自分は異性としてあなたを見ていませんよ』と言わせてしまうのが一番の悪手になってしまうんです 何故ならば言葉というものはアウトプットすることで自分の意思に刷り込まれてしまうものでして 『異性として見ていません』と言わせてしまうことによって恋愛圏外へ弾き出されてしまうからからなんです もっと食事なり遊びなりコミュニケーションを積み重ねて 『この人はどういうつもりで自分を誘っているんだろう、、、?友達として、、?それとも異性として、、、?』 と思わせることによってはじめて『恋脈』というものが出来るものなんですね それを知りたいと思うことこそが恋愛感情ですので早計に自分の思いを伝えることは最悪のタイミングになってしまうんです 恋愛において猪突猛進は美徳ではありませんよ 好きだという気持ちをもって期を熟すんです その人が自分のことをどう思っているのか それを知りたいのなら『自分はあなたのことが好きですよ』と自分の気持ちを差し出しなさい 自分のカードも見せないで 相手のカードを見ることはできません 自分は傷付くことのない安全圏から 相手の気持ちを知ろうなんて図々しい思い上がり 傷付く覚悟もなしに人の心を覗こうとするなよ それを知りたきゃ同等のリスクを背負いなさい それができないってことなら それはその程度の気持ちってことなのさ 話は戻りますが 同じ職場の人や取引先の人、またはお客さん等 原則的に恋愛対象に入れてはいけない人達です なぜなら仕事に支障が出てしまう場合があるから 自分の立場や相手の立場が危ぶまれるリスクがあるからです 自分の仕事を大切に思っている人、誇りに思っている人なら 安易に仕事関連の人と恋愛関係になることはしません しかし、それでも人の心は動いてしまうもので 不本意にも仕事関連の人を好きになってしまうことはあります せめて片思いなら害はないのに 幸か不幸かそれが両思いになってしまうとさぁ大変 お互いの立場を守るためにも そして恋愛関係を成立させるためにも それなりの覚悟が必要になり 今まで以上に仕事も頑張って、恋愛もちゃんと丁寧に愛して そうやって理想の関係を築いていくわけです しかし自分の仕事を大切に思っていない人 誇りもなくただ漫然と仕事をしている人はこの限りではありません 最も身近な異性は仕事関連の異性になるわけですから 自分の立場も相手の立場も、そして会社としての立場も関係なく 身近にいる異性に色目を使い 欲求だけで社内の人間関係を滅茶苦茶にしてしまうんです 社内恋愛は『大当たり』と『大ハズレ』の二極化が激しいもので 社内恋愛をするのなら 自分の仕事にちゃんと責任を持っている人とした方がいい 衝動だけで恋愛に発展するような場所ではないということは ちゃんと心得ていた方がいいと思いますよ と、私の師匠(主婦恋愛ブロガー)が以前に読者様からのお悩み相談にてそう仰っておりました。 占い師のゲッターズさんは、 恋愛で、相手のことが「気になっている、惚れている、好き」と思う方が積極的に動かなかったら何も始まらない。相手がどう思っているかなど、あなたの動きで変わってくるもの。「相手の出方を待っていたら」終わるだけ。 と言っています。