回答受付が終了しました

いろんなハンドメイドがありますが、 ・例えば、無印の何もないTシャツなどに一工夫、ひと加工加えてリメイクするのはハンドメイドメイドになりますか?

インターネットビジネス、SOHO | 手芸254閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

2人が共感しています

回答(7件)

0

一部の他の方の回答に誤りがあったので投稿します 古物を売るだけであれば古物営業の許可は不要です。 よって、買ってきたシャツを加工したものは確かに古物にあたりますが、買ってくる材料となるシャツが古物ではないのであれば転売目的で古物を買ってきたわけではないので許可は不要です。

0

ハンドメイドは、市販品に一手間加えて作られてもハンドメイドになります。 市販品が古くなったからリメイクをするのも、ハンドメイドの一種です。 ハンドメイドは趣味の範囲内でお友達に差し上げるレベルでしたら、違法にはなりませんが、メルカリやバザーなどで市販品に一手間加えて販売をしたら届出がないと違法です。 女性で多いのが手作り石鹸や化粧品の販売ですがこれも薬事法の届出をしない限り違法となりますので、お気をつけを。 道の駅などの委託販売でしたら、販売する場所が委託販売申請をされているでしょうから、その様な販売方法が一番ベターかと思います。 ちょっとややこしいのが、手作りアロマキャンドルですね。 アロマオイルの効果・効能を謳って販売すると薬事法違法です。 そもそもアロマオイル自体に定める法律は存在していなく、雑貨・雑品品目です。 アロマオイルの香りだけ例えばラベンダーの香りのアロマキャンドルですと明記するだけでしたら、販売は可能です。 結論として販売は法律関係や売買トラブルも多いので、しないに越したことはないかと思います。

0

私は市販の無地のシャツにオリジナルプリントして販売してますよ 年間で4000着ぐらいしか売れませんが 一着6000円なので240万になりますが経費で60万はかかるので小遣い稼ぎにしかなりません 古物はいらないけど確定申告面倒です笑

0

古物営業法は盗品売買防止が目的なので質問者さんの仕入れに盗品が 紛れ込む可能性がなければ古物商許可は要りません。 例えばヤフオク、メルカリで売っている物や街のフリーマーケットや リサイクルショップで売っている物は状態が新品であってもそこで売られる までの経緯の中で誰かが盗んだ物が含まれているかもしれませんので それらから購入するには古物商許可の元仕入れや販売活動をします。 一方メーカー、問屋やそれらから仕入れた物だけを販売している 一般小売店で売られている品物に盗品が紛れ込む事はないので、そこで 買った品物に自分で加工して販売しても古物商許可は不要となります。 例えばダイソーで買ってきた文具品を加工して売っても許可不要です。 古物商許可が必要な取引とは古物を買って売る事です。 ダイソーで売られている物は古物ではありませんので古物を買って売るに ならず、非古物を買って、買った時点で消費者の物になる為古物に なりますがそれを売っても古物を売る、つまり古物の売買では無く 古物の売しか行わない形になるため古物を売るだけなら許可不要と なっています。

0

インターネット通して売った場合、ハンドメイドになるのか、古物商許可が必要になりますか? 法律では次のように定義があります。 >「古物」とは、一度使用された物品若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。 小売のTシャツに一工夫加えるのは「使用されない物品」で「これらの物品に幾分の手入れをしたもの」に当てはまりますので法的には古物ですね。古物商許可が必要です。 一般小売商品ではなく、卸で仕入れた加工用Tシャツであれば加工後に販売しても古物にはなりません。