ID非公開

2022/6/25 6:05

22回答

緊急です!どうかお力添えお願いします! つい先程、数分ほど目を離した隙に飼っているうさぎ(生後6ヶ月:ネザーランドドワーフ)が、セフカペンピボキシル塩酸塩100mg錠を4分の3ほど誤飲しました。

げっ歯類、ウサギ | ペット584閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/6/29 2:23

解説とリンクまで貼っていただきありがとうございました。 あれから朝一番に動物病院に駆け込み、連日の皮下給水や強制給餌を経て現在は回復傾向にあり、排泄も正常にできています。 初日は食欲不振と頻繁な腹の異音があり、排泄も極小量で、ケージの隅で蹲り歯軋り。中毒症状や腸閉塞による死も正直覚悟しておりました。 その後は獣医師と相談の上で強制給餌を開始し、うっ滞予防マッサージや乳酸菌ペーストなど、飼い主の自己満足にならない範囲でできることをしました。 幸い、ショップにいた頃からペレットより牧草が大好きで、胃の不調時でも栄養価の高いアルファルファを食べ、うさぎさん自身もよく頑張ってくれました。 現在は1日1回のみの強制給餌と60mlの強制給水でいつものように元気に過ごしています。 まだ気は抜けませんが、完全回復まで身を粉にしてでもサポートしていきます。お忙しい中ご回答ありがとうございました。

その他の回答(1件)

2

もう一人の回答者さんがおっしゃっているようにセフェム系の抗生剤はうさぎには危険です。 そのうえ 成人が一日100mgを3回服用することを考えると量的にも多すぎます。 週明けを待たず、うさぎを診れる夜間救急病院へ連れて行った方が良いと思います。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/6/29 2:32

ご回答ありがとうございました。 自宅が地方な上に小動物専門の病院が近場に無く、結局電車で2時間かけて朝一番に動物病院に駆け込みました。 連日の皮下給水や強制給餌を経て現在は回復傾向にあり、排泄も正常にできています。 コピペするのも失礼かなと思いましたので、その後の経緯は最初に回答してくださった方の返信欄に記載しております。 今回は最初に回答してくださった方をベストアンサーに選ばせていただきましたが、貴方様のご回答も充分に参考にさせていただきました。 本当にありがとうございました。