研究開発費にかかる会計基準について 市場販売目的のソフトウェアについて、記載がよくわからないところがあります。

ベストアンサー

0

ご丁寧にありがとうございます。 いただいた実務指針を読んで、「製品マスターの制作費」に関する理解の間違いに気付きました。 今までは、「製品マスターの制作費」というと、日本語的に最初に製品マスターが完成するまでの支出(=どう考えても研究開発費じゃないのか?)と思っていたのですが、そもそもこの「製品マスターの制作費」というのが、完成するまでの支出ではなく、完成した後の費用のことを言っているのですね。 マスター完成後であれば、確かに通常/著しい改良で、無形固定資産/研究開発費も理解できるので、しっくりきました。