回答受付が終了しました

レバレッジ 長期投資に向かない理由 なんでですか? 長期で見れば右肩上がりなので含み損を吸収できる資産や給料あればいいのかなと思いますが

回答(9件)

0

長期右肩上がりといっても 波のように上がり下がりしながら上がるもの そしてたまに暴騰した時は、必ず短期間で暴騰前の数値付近まで暴落する(その後ジワ上がりして暴騰値に戻る) そういった下がりや暴落の時、保証金不足で強制売却されてしまう それを回避するには保証金を取引額と同額や数倍入れておく必要が出てくる って、それじゃ結局レバレッジ取引できてねえじゃんてオチ

なるほど... 一番納得できる回答です この中では というとレバレッジ取引ってどういう層に需要があるんですか?

0

FXって基本的に短期投資をイメージしてる投資だからね、レバなしとは違いノイズを拾って退場なんてことが出てくるからね 例えばよく動く新興国のチャートだと https://www.hs-sec.co.jp/bond/foreign/chart/inr.htm これだけ見てると、上がり下がり、でレバなしのポジションがあれば利益は出るんだけど、潮目がどこにあるのかは分からないよね? 長期投資って、どのくらいの期間でレバがどのくらいかわからないけれど、一発レバ付きは怖いと思うよ

0

1.ポジションを保持するためだけに手数料がかかる 2.業者リスク 3.含み損を吸収できる資産や給料を実際に用意できないから 4.必ず決済する必要があるので税金を取られる レバレッジトレードは現物よりもはるかに不利で難しいですよ。 そもそもアクティブな資産運用は一般に考えられてるよりも儲かりません。 あのバフェットですら平均すると年率20%しか利益を上げられてない。

0

購入時に思い描いた様にはいかないのが世の中。 株価が急落した場合、現物だけだと3割、5割下がろうと、自分を信じて我慢すればよいだけのこと。5年か10年もすれば買値に戻し、さらに上がるだろう。 しかしレバレッジを掛けていると、即アウトとなり、全損が確定する。 だから中長期の資産運用にはレバレッジは禁物。 というか、レバレッジは博打の延長上にあり、素人が手を出すものではない。