不動産売却の税金について 親が亡くなり相続した土地+一軒家を売却予定です。 税金(譲渡所得税?)を少しでも安くしたいのですが、わかりずらいので質問させていただきました。

税金 | 不動産403閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

なるほど。取得費や取得時期を引き継ぐことになるのですね。 「所得税はかかりません」に安心しました。ありがとうございます。 ちなみに600万で売れたとしたら、売却益はないので確定申告は不要、その他の手続き等も特に無いという認識で良いのでしょうか。 不動産売却で400万の損益が出たとして所得と損益通算する為、確定申告はした方が良いのでしょうか。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

続けてのいろいろな質問にも細かく回答ありがとうございました。

お礼日時:6/30 22:31

その他の回答(3件)

0

税理士です。 購入時の価格は相続であれば引き継ぎますので 書類があって1000万円の土地取得費がわかっていれば それは取得費として譲渡所得の計算上の計上できます。 つまり、仰る通りで1000万円以下での売却額であれば 所得税も住民税も課税はされません。

ありがとうございます。 課税されない状態であれば特に手続き等もないのでしょうか。 提出しておかないといけない書類等あるのでしょうか。 購入時の領収書はあるので、ソレを保管しておくだけで大丈夫なのでしょうか。

0

年配の宅地建物取引士(元不動産業者)です。 相続物件については、売却しても、基礎控除が3千万円ありますので、多くの一般家屋は結果的に非課税となりますよ。 ただ、物件の規模によれば、多少、税額にも影響がありますので、不安なら税務署に直接相談することです。丁寧に教えてくれます。(電話・匿名可)

「相続物件については、売却しても、基礎控除が3千万円」には条件があると思っていたのですが、相続物件は何の条件もなく、基礎控除3千万が適用されるのでしょうか。「居住用財産の特別控除」の控除が該当するということでしょうか。 先月まで亡くなった親が住んでいましたが、相続した私自身は別に住宅があり、今回売却する相続した家には住んでいません(親が亡くなった先月からは誰も住んでいません) 「空き家の特別控除」については「昭和56年(1981年)5月31日以前に建築された家屋」に該当しないので対象外ですよね。 細かい質問、申し訳ありませんがご教示願います。