にじさんじに所属している剣持刀也さん・伏見ガクさん・夕陽リリさん・家長むぎさんの4人ユニット『ハッピートリガー』というものがありますよね?

YouTube2,805閲覧

ベストアンサー

8

8人がナイス!しています

その他の回答(2件)

3

根本的にハピトリはトリガーコラボの後にできたユニットなんだと思います。 なので ハッピートリガーからハッピー(家長むぎ)を省いて「トリガー」になったのではなく、 トリガーに家長むぎ(ハッピーセット的な)を加えてできたのがハピトリなんだと思います。

3人がナイス!しています

1

詳しくは知りませんが、たぶんこうだろうという事を書きます。 むぎさんは活動が少ないんですよ。 おそらくこのままでは活動が出来ないという話になり、むぎさんと協議の結果そうしたのではないでしょうか。 たぶんむぎさんも了承の上です。 にじさんじの運営は私はかなり良い運営だと思っていますが、ビジネスですから仕方ないですがドライなところがあります。 これはむぎさんに限らない話です。 私の好きなライバーでも、本人が頑張っているジャンルで運営の公式グッズのようなものが出た際に、そのライバーは入っていなくて、本人も悔しがっていたことがありました。 ビジネス的に判断して人気の人を優先したわけですね。 こんな話もあります。 初期の頃、まだ歌メインのライバーが少なかった時期に、シンガーソングライターとしては夢追さんがいて、公式で大きめの歌イベントのようなことがあったのですが、人気メインで人を選んで、夢追さんが入っていないことがあって、リプライとかでもそこで夢追入れないのかよ、と書かれていたりしました。 まだ初期で堅実にビジネスをしなければいけない判断だったのでしょう。 現在だったら違ったでしょうけど。(にじさんじの力が強くなったので広く構えられる) なお、本人の反応までは追っていません。 あ、入ってないんだ、というリプがそこそこ見られたという話です。 他にも、うたかざモイラの三人が、三人で公式ライブをしたかったのですが、うたかざだけでライブとなり、モイラさんが、何が駄目だったのか分からない悲しいけど運営にそう判断されたのだったら仕方ない、と悲しんでいました。 情を重視するならモイラさんを入れてるところです。 モイラさんは活動が少なめなので、ビジネス的に判断したのでしょう。 運営として不安があったんだろうと想像します。 このようにビジネス重視でドライなところがあるのですが、ただ情に流されずにフラットな判断ができるという意味で、不公平ではないという意味で悪い運営ではないと思います。

1人がナイス!しています

上記は記憶で書いているので詳細は違うかもしれません。 夢追さんの件は、初公式歌CDアルバムとかだったかもしれません。 モイラさんの件は、初期より少し後の時期の話です。 2年くらい前だったような。 ただこのようにシビアに判断する運営ということは、採用された際は本当におめでとうという事になり、応援されたりお祝いスパチャもされたりします。 そういう意味で、シビアに不採用される人がちょくちょく出るのは、採用のために本当に大変なハードルがある証拠で、本気で応援する気持ちを高めますので一概に悪いことではありません。