お墓と仏壇の話です。 正直な本心を書きます。 2012年、祖父母が他界しました。 仏壇は実家にあり、お墓は父親が管理しています。

葬儀 | 宗教669閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございます こんなに沢山の方からアドバイス頂けると思っていなかったため心強かったです。 今はコンパクトでオシャレな仏壇があるのですね。 実家にある仏壇は、私が子供時代(昭和後期)からあり祖父の父親の遺影があった頃には既に存在していた古いものです。 そのときがきたら、時代に合わせて作り替えますね

お礼日時:7/2 22:56

その他の回答(12件)

0

あなたの好きになさっていいんですよ 信仰は自由です

0

菩提寺に相談すればいいじゃないですか。父が亡くなったら墓じまい、仏壇じまいをしたい旨を。色々提案してくれるのでは

0

今お墓、など色々な選択しが有ります。まず祟りなどないと思います。今生きている本人の考えが一番です。まず今までの先祖のお祭りは、永代供養で無くなります。これは檀家のお寺や宗派問わず管理してくれるところが有ります。 すべては今生きている貴方の考えで進めてはと思います。祟りなどあれば 今生きているすべての人に有ると思います。永代供養は地域により金額が変わります。良く調べて選択してください。

1

私も墓じまいを考えています。転勤で遠方に住み、簡単に掃除に行けないのと私の後を引き継ぎ人がいない(次男は入れない規定になっていて長男は独身) し、管理費等で結構お金ががかかるのです。 仏壇は家にあり、毎日お供えしてますが、私が死んだら処分してくれと遺言をかいてます。 墓しまいは100万ほどかかります。仏壇は引っ越しのときに檀家の坊さんにその旨伝えて拝んでもらいました。(長年の檀家は終わりにしてもらいました) いずれにせよお父様が生きているうちは、そのままにされたほうがいいのではないですか、余計なもめごとの種です。私の母はお墓掃除と仏事が生きがいでしたから。宗教はどれが正しということはなく人それぞれです。祟りはそう思う人にだけやってきます

1人がナイス!しています

0

まず、祟りというのは先祖さんが誰かから恨みをかっていて懺悔ができていない場合です。 祟りではなく先祖さんからの訴えは、様々な形で子孫に顕れます。(共通する場合も多くあるので、知恵袋では過去の相談事例から回答しています) 墓じまいはお寺でします。(神道でのご供養というのは経験上一度もありません。実家が神社ではない限り基本は仏式です。) 墓じまいとなると、菩提寺さん以外なら宗派はどうするのか、最近流行りの樹木葬もありますがどのような形にするのか、お身内に相談して信頼できるお寺を探す必要があります。天涯孤独の身でないなら必ず相談されてください。 そして一番大切なことは墓じまい=供養をしなくてよいことにはなりません。質問者様がお寺に定期的に参るなり、写経をするなり、できる範囲でご供養し続けることを忘れないでください。 何故虐待や引きこもりや発達障がい、精神疾患がこれだけ多いのか、先祖供養と本当に関係がないのか、想像して頂けると幸いに思います。