自民党によると、消費税減税すると年金3割カットになるそうです。 本当ですか?

経済、景気 | 年金208閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(2件)

2
ID非公開

2022/6/27 15:30

ちょっと違いますね‥‥。 消費税が8% ⇒ 10%となったときに、これを利用して、年金への上乗せ分となる年金生活者支援給付金という制度を導入したのですが、このことを指しているからです。 消費税が減税されると、この年金生活者支援給付金の元手(原資)がなくなってしまいます。 つまり、年金への上乗せ分が消えます。 これが、たまたま、年金額の3割に近い額なんですね。 そこで、自民党としては、かなり乱暴な言い方ですが、「消費税減税になると年金が3割カットになるよ」と言っているだけなんです。 よーく年金や給付金のしくみを知っている人から見ると、実は、年金そのものはカットにはなりません(^^;)。 年金そのものは、保険料にしても、国の負担(所得税から)にしても変わりありませんから。 という意味で、ほんとうのように見えて、実は「ウソ」ですねぇ。 給付金がなくなってしまう可能性があるので、結果として年金への上乗せ分がなくなって、カットされたように見えるよ‥‥というのが、ほんとうのところなのです(^^;)。

2人がナイス!しています

2

減税額も不明なので、なんとも言えませんが、おそらく以下の計算をされているのかと思われます。 1 10%消費税の国税分の税収を18兆円と仮定する 2 本予算の社会保障費国分を32兆円とする 3 5%に減税されると国税の税収は9兆円となる 4 32:9=3.5:1 5 35%ほど社会保障費国分が35%、ざっくり3割減る 大体こんなイメージで話されているのかと思われます。 単純に按分すれば「年金だけではなく医療介護子育て支援含めてすべて3割以上カットになる」が正しいかと思われます。

2人がナイス!しています