M4A1やM733の円筒形ハンドガードの上下に開いた穴ってM-LOKに対応してるんですか?そのような写真を見ましたが、あれはテープやボルトなどで無理やり止めているんですか?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

M4A1(1998年~)やM733(90年代初頭~)の 円筒形ハンドガードができた時代、 ピカ二ティーレール(1995年~)は普及していないし、 M-LOKはまだ存在していません。 上下に空いているのは放熱孔です。 この放熱孔を利用して円筒形ハンドガードに ピカ二ティーレールを取り付けられるオプションが過度期にはありました。 その後、信頼性が確立された段階で各社レールハンドガードが普及して RISやRASに進化し、米軍でもSOPMODとして組み込まれるようになり、 オプションを付けられるようになったのは良かったのですが 重量増加の問題があったので、 それを解決するためにできたのがマグプル社のMOE規格→M-LOK規格です。 レール脱着や専用のアタッチメントの使用が可能になりました。 (結果的に過度期の方式に戻したととも言えますが、 規格化され信頼性や脱着方式、強度面で進化しています)

0

m733のハンドガード用のレールは過去に販売されていましたのでそれを装着してるのかもしれません。 また、適当なレールをハンドガードの穴の幅に合わせて穴を空けてネジ留めする程度の加工をする人はいると思います。