ID非公開

2022/6/27 18:36

66回答

お釈迦様の教えの中で重要な教えを分かりやすく教えて頂ければ幸いです。

宗教120閲覧

ベストアンサー

0

過去の一定時点に生起し、 それに立脚し、支え持たれることで引き継がれ 保ち持たれる性質を有するもの これを外の対象に適用すると、欲しいものや身の回りの物のことです。 内に適用すると、私のことです。

その他の回答(5件)

0

仏とは悟った人と言う意味が有ります。「覚る」と「悟る」の二つの漢字があります。日本ではどちらも「さとる」ですが中国語は読み方が違うし意味も違います。「覚る」は覚醒するとか目覚めるという意味で、誰もが備えている仏性を覚醒させるという意味であり、これを成仏(覚りを開いた)と言います。 人間の内面には鬼と仏性の両面を併せ持っているというのが仏教の教えです。仏性とは慈悲のことです。慈悲とは地獄に在る人に救いの手を差し伸べたい、苦しんでいる人を救いたいと思う気持ちであり、それを実践するのが成仏の道である菩薩行です。ボランティアも困っている人を助けるのも虐待されている子供を救い出すのも菩薩行です。菩薩行を重ねることで仏性がその人の人格となる。それを「覚りを開いた」とか成仏した(仏に成った)と言います。 「悟る」は気付くとか理解するという意味です。釈迦は人間の悩み苦しみの根本原因が何なのかを悟った(気付いた)ということです。その根本原因は煩悩であるということです。原因が分かれば、それを克服するにはどうすればいいかを悟る(気づく)ことができます。その他にも釈迦や後に仏となった弟子たちが悟ったことが膨大な経典として残されています。「悟りを得た」とは迷いが消えると言う意味です。

0

お釈迦様は紀元前600年頃 土着の宗教ヒンズー教の国からお生まれになり 本心は南無妙法蓮華経 の法身仏の信仰でしたが、仏教の発展や当時の王政や封建時代の強権時代 民主主義につながる今の法治国家は望むべくもなく 為政者対抗 南無阿弥陀仏の 現生地獄 死んで極楽浄土という衆生の願いに応じた権経を説きました。しかし時代は進化し 王権神授説から民主議会政治への進化が西暦1300年代の末法時代に始まり お釈迦様は御本心の実経の法華経を結果的に日本の日蓮上人に託し 日蓮上人は 中国製t中国音の旧式南無阿弥陀仏信者に4度も死ぬ程の法難に遭いまsた。

0

『本願成就文』の教えが最も大事です。 これは、釈尊が、阿弥陀仏という仏様の本願(約束)を解説されたものです。 【諸有の衆生、其の名号を聞きて、信心歓喜せんこと乃至一念せん。 至心に廻向せしめたまえり。 彼の国に生まれんと願ずれば、即ち往生を得、不退転に住す。 唯五逆と正法を誹謗せんとをば除かん】 これが原文ですが、大まかにいうと、 【南無阿弥陀仏の名号を聞けば、 どんな人でも死後必ず極楽浄土へ往く身となれる】 と言うことです。 すべての人が救われる教えであり、 釈尊は「無上殊勝の願」と褒めたたえられています。

0

こんにちは。 釈迦自身は「仏であり菩薩であり凡夫である」と自覚したのですが、衆生も同じく「仏であり菩薩であり凡夫である」という教えが一番重要です。

0

仏教の基本戒律は五戒です 不殺生戒 生き物を故意に殺してはならない 不偸盗戒 他人のものを盗んではいけない。 不邪婬戒 不道徳な性行為を禁止。買春・売春禁止 不妄語戒 嘘をついてはいけない。 不飲酒戒 酒類・薬物を摂取しない どれを破っても地獄行きとされる、最も重要な戒律ですが、守られたためしがまずありません 不殺生戒は、魚や肉を食べることも禁じられます 食べることを期待して、屠殺させるからです