回答受付が終了しました

スーパーチャージャーのついているバイクが今の日本では川崎しかないのは何故でしょうか?

回答(7件)

0

まぁメーカーとしてのアイデンティティと思います。 川崎は重工があり、 加給機は車を中心に使用されているように思われがちですが、 大元は船舶や航空機用の技術で、 それが乗用車やバイクに展開された感じです。 川崎の技術力のイメージは、 川崎重工によるものもありますから、 民間向けの技術力アピールのために、 バイクという乗り物に加給機を搭載したのかと思います。

0

スーパーチャージャーに限らず、バイク自体が過給に懐疑的だから。 足でアクセル操作する車に比べ、バランス取るにもトラクションが必要はバイクでは、トラクションのリニアリティを考えた場合、過給エンジンは難しい。レスポンスとリニアリティ求めたら、過給のメリットが無くなる。そこに意味が有るのかって事でしょ。

0

バイク用のスーパーチャージャー(遠心形)を作る技術を持ってるのがカワサキだからです。 川崎重工のガスタービン技術を、バイクという形で出力し、技術力をアピールしてる訳です。