ID非公開

2022/6/27 21:15

55回答

社員一斉に昼休憩を取ることが法律で義務付けられているのですか 社長&総務がそのように言い張っていますが これまでの職場は各自が好きな時間に休憩を取っていました。 今の職場は

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

数々の職場の経験がありますがこのような会社は初めてです。 法が本当に有るのですね、しかも反論の余地はない。 労使協定のことも意識した事はないですが これまでは労使協定を結んでいる会社だった? 労使協定を結ぶということがどういったことなのか・・・ 労働者にとって有利なのか不利なのか? 知らされていない&わからないことだらけです。 皆様、ありがとうございました。

お礼日時:7/10 12:01

その他の回答(4件)

2

原則としてはそうです。 労働基準法第34条第2項には「前項の休憩時間は、一斉に与えなければならない。ただし、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定があるときは、この限りでない。」とあります。 労働基準法は、その前身が工場法なので、安全管理上、労働時間も休憩も一律であるべきという思想が基になっています。現代のように、産業が多様化し、製造業の比率が低くなり、労働時間や休憩に柔軟性が求められる時代にはそぐわないといえます。 そこで、商業、金融、接客業などサービス業に属する業種については、労働基準法第34条第2項は適用しないとされています。(労働基準法施行規則第31条) しかし、社長や総務の意図は、労務管理をシンプルにして余計な手間をかけたくない(労働者毎に休憩時間を管理するのは大変)という点にあるわけですが、法を根拠にそう主張された以上、反論の余地はないです。

2人がナイス!しています