大鏡の「弓争ひ」の 最初の冒頭の「この殿」とは誰のことですか?同一人物を指す名称の二つ文章中から抜け出してください!

文学、古典26閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

あ、君か。こんにちは。 最初に「この殿」と呼んで、これが「藤原道長」のことだとは、君も気づいたとおりだけど、 その「道長」という「本名」を、 「道長が家より帝・后立ち給ふべきものならば、この矢当たれ。」 と、「道長」本人が「自称」しているということに気づけ、という意図の設問です。 いいオッサンが、 「道長さあ~♡いつかは関白になりたいんだよねえ~♡」 と自分を「名前呼び」していると思うと、気持ち悪いかもしれないけれど、 古文では、本名は「自称」が基本なのです。 さらに、 「また入道殿射給ふとて」の「入道殿」が、 「この殿=道長」と同一人物を指していることにも、 気づきが求められています。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど!ご説明がとても丁寧で凄く分かりやすかったです! 回答していただき、ありがとうございました(´˘`*)

お礼日時:6/28 11:36