回答受付が終了しました

ID非公開

2022/6/28 14:26

4040回答

エンジンオイルの確認について。これって友人が正しいのですか?

回答(40件)

1

一番説得力があるのは自動車メーカーが書いている事でしょうね。 とりあえずトヨタさんは、 •点検はエンジン始動前か、エンジンを止めてから少なくとも5分以上たってから行ってください。 と記述していますので、少なくともトヨタの整備士さんはエンジン掛けたままオイル量の確認はしないでしょう。 ユーザにはエンジン掛けていない状態で点検しましょうとしておきながら、自分たちはエンジン掛けて点検するってのはつじつまの合わない話しです。

1人がナイス!しています

1

まず友達と仲良くしてください。 エンジンをかけたままゲージを抜くとオイルプレッシャー(圧力)により間違いなくオイルが吹き出ます。 一部の昔の外車などでプレッシャーがかからない箇所にゲージがあったり単気筒エンジンにエンジンがかかったままゲージを抜いてもオイルが出て来ないものもありました。 お友達は小さなバイクなど単気筒エンジンでやっときたまたまオイルが出なかったので仰っているかもしれません。 現代の車は3気筒〜12気筒で簡単に言うとガタイが大きいからオイルポンプでエンジン内部を循環させていますから圧が必要。 身体で言えば心臓で血液を巡らせています。 エンジンをかけてゲージを抜いたら血液が吹きでるようなものです。

1人がナイス!しています

2

普通に危険でしょ。 ファンベルトだの補機類回ってるのに、ゲージ引き出したら事故起きる。

2人がナイス!しています

2

エンジンが回っている状態だと、エンジン内全体をオイルが循環している状況ですから、オイルパン内のオイル量が少なくなってます。 この状態で点検になるわけがないでしょ。

2人がナイス!しています

1

エンジンオイル点検はオイルが温まっている時に行いますが、エンジンを動かしながら点検する整備士はいません。 その友人は変な人ですね。

1人がナイス!しています