ID非公開

2022/6/28 18:51

33回答

税理士になるには、 ・税理士になるために必要な試験を一つ一つ合格したり、大学で民法を履修して税理士資格を満たす。 ・司法試験に合格し、弁護士登録をした後に税理士登録する。

ベストアンサー

0
ID非公開

質問者2022/6/28 19:06

ありがとうございます。 税務署職員は盲点でした。 祖父と父が税理士で税理士事務所を営んでおり、将来後継者になりたいと思っています。 現在高校生で早稲田大学の法学部か商学部を目指しており、上の三つのパターンだとどれが良いのかなと疑問に思っていました。父と祖父は公認会計士がおすすめらしいですが、個人的には現状弁護士経由で頑張りたいと思っています。

その他の回答(2件)

0

税理士です。 1番良いのですか? その良い基準って何ですか? ちなみに大学で民法を履修したところで税理士資格は満たされません。

他の回答者への返答を拝見して。 将来的に税理士としてやりたいと思うのであれば 税理士試験で成るのが良いと思います。 当たり前ですが、試験で学んだことと実務で結びつく事が 多いからです。 公認会計士試験は税理士試験よりも難易度も高いと思いますが、 税理士として実務をしていくうえでは効果はあまりありません。 弁護士試験は難易度は税理士試験よりも遥かに高いです。 そして法律関係の資格で最上級です。 しかし、税理士の実務としては使える知識はほぼ無いですね。

0

資格集めをするのでなければ、専門的に税理士に進んで下さい! 弁護士や公認会計士は、登録するだけで税理士を名乗る事が出来ます。 しかし、実務を行うには、税理士の勉強が必用になります。