ID非公開

2022/6/29 12:36

1010回答

富士フィルムは何故APS-Cに拘るんですか。時代はフルサイズなのに。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(9件)

0

中版サイズセンサーのカメラも出しているので、フルサイズカメラを出さなくてもいいからです。 富士フイルムは2000年代後半までFマウントのデジタル一眼レフを出していましたが撤退しました

0

フィルム時代から35mm判を避けて通るようなところがありませんでしたっけ。 カメラ部門だけで生きている会社ではありませんし、中判とAPS-Cのどちらでもちゃんと存在感を持っているので、そういう戦略なのでしょう。

1

フジはapsと中判ミラーレスを展開しています。今でこそapsはキヤノン、ニコン、ソニー、シグマと競争になってますが、Xシリーズを始めた頃はキヤノンとソニーしか競合しませんでした。中判に至ってはハッセルとライカ位です。ペンタックスはミラーレスに参入していないし、ちょうどミラーレスでお気軽にならフジしかありません。中判ミラーレスはハッセルしかないかと。競合が少ない分野で勝ち組を狙ったのかも。またフジのGFXは35mmクロップモードがあり、フルサイズて撮れますよ。キヤノンEFレンズが使える電子アダプター使えばフルサイズで撮影出来るという裏技があります。これがもっとAF機敏でガツガツ撮れるならキヤノンやソニー、ニコンは相当ビビると思いますが、そこまでにはなっていません。 ちなみにフジはM42やXマウントのMF一眼レフを昔作ってましたがうまく行かずに撤退しています。一眼はニコンと組んでfinepixS5pro等をやりましたが独自マウントはミラーレスになってからです。35mmカメラは散々懲りたんじゃないかな。ニコンやキヤノンには敵わないと思ったのかも。写りは良かったけどね。

1人がナイス!しています

2

そもそもライカ版(35mm)って画質と携帯性のバランスから決めたサイズなので、今のセンサーであればAPS-CどころかMFTでさえ商業写真としては充分です。であればコンパクトさを求めてAPS-CやMFTセンサーでプロレンズを使用することに不思議はないと思いますけど。

2人がナイス!しています