回答受付が終了しました

アニサキスによる食中毒があります。魚介類はアニサキスの被害を受けて苦しんでいますか。魚はアニサキスで痛み苦しみながら泳いでいるのですか。

回答(2件)

0

アニサキスには生活環(せいかつかん)があります。これは生まれた後→小さな魚類に寄生して成長→それを大きな魚が捕食→大きな魚に寄生してさらに成長→さらに大きな魚・・と言う具合に成長して最後はクジラ類に捕食されて成虫となり卵を産みます。 そして産まれた子虫は同じことを繰り返します。これをアニサキスの生活環と言います。 生活環の途中でサバやイカなどに寄生していたアニサキスを人間が食べた場合、人間はアニサキスにとって生活環ではありませんから、出口を探して胃壁に潜り込んだりして人間に激痛を与えます。 以上の事を理解して頂ければお答えは「魚はアニサキスで痛み苦しみながら泳いでいる」とは言えないでしょうね。

0

寄生という言葉はご存じでしょうか? アニサキスは、寄生する魚の内臓にいます。アニサキスも生きていかなければなりませんので、寄生する魚に害を与えてしまうと、魚は死んでしまいます。当然、アニサキスも死んでしまいます。 すなわち、寄生することにより、魚といっしょに生きているのです。