ID非公開

2022/6/30 7:40

22回答

be動詞を忘れないために ‣

英語 | ドイツ語148閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/6/30 14:12

>訳すときに「です」をつけるのは間違ってはいません。 そうですね、中学の段階なら それでも問題はないでしょう。しかし、高校で譲歩が出て来ると 対応できなくなります。 例えば 次の表現です。 No matter how busy I am now.... 「です」の置き場がなくなって 訳せなくなるなんてことがあるかもしれません。

その他の回答(1件)

0

ま、ともかく 我々現地で小学校の時に先生に言われたのが be am is are was were being been をとにかく暗記し、これをbe動詞だと言うことを知ることが大事。 そしてそのbe動詞とは簡単に説明すると=(イコール)の役割。 S=C I am a student 私=学生 この形になるのです。 この基本的な事を覚えてば前に進みやすくなります。 頑張って下さい。

ID非公開

質問者2022/6/30 14:49

私なりに be動詞を忘れる原因を考えてみました。 ① 耳と口にウェイトを置いて学習をしていない。・・・・ be動詞を忘れても 音感的に違和感を感じにくいかもしれません。 ② フル英作文に急いている。・・・・耳と口にウェイトを置かなくても、”I ( ) busy now.”の括弧に何が入るのか 繰り返し練習していれば、be動詞を忘れるのは防げるはず。 ③ 日本語の文法自体知らない。・・・・これは私が質問ですでに書いています。 それと、付け焼刃的な方法で 忘れるのを未然に防ぐことよりも、万一 忘れたら 忘れたで それに応じて 着実にやり直した方がいいと思うんです。