軍艦を分類するとき、大和級とか長門級と呼ぶことがあります。あの級という呼びかたは間違い(俗用?誤解?)なんでしょうか。級ではなく型を使っている(大和型というように)本も多いのです。

ミリタリー | 日本語286閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(8件)

0

級と型の違いは曖昧です。 私は、級は大きな括り。 型は級の中の細分類と解釈しています。 基本設計を共有している艦を級でまとめ、改良(拡大発展など)して、違う種類の艦名を与えられたら型で分類。 海自の護衛艦でいうと、 むらさめ級は「むらさめ型」と「たかなみ型」に分類され、 あきづき級は「あきづき型」と「あさひ型」に分類される。 的な。 中には、同級として括れないくらいの大改良がされた型もあります。 「はつゆき型」と「あさぎり型」みたいに。

0

○○型というのはその○○に当てはまる艦とほぼ同一の設計で造られたもので○○級というのは大きさの話だったと思います!(違ったらごめんなさい)

4

軍艦の「型」と「級」。 https://dic.nicovideo.jp/a/%E8%BB%8D%E8%89%A6 軍艦の同型艦ないし姉妹艦の呼称に於いて、「~型(英:Type)」(例えば金剛型戦艦)と「~級(英:Class)」(例えばアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦)という2種類の呼び方が有る。 一般的には日本国海上自衛隊が「型」、欧米の海軍が「級」を用いているという認識で大体あってるが、厳密には型と級で、それぞれ意味が有る。 具体的に言うと、「該当範囲では、型の方が狭くて級が広い」「同じ型の該当範囲では、海自が広くて欧米海軍が狭い」という関係に成る。 「超弩級」という表現にも有るように、「級」は同型艦だけではなく、類似する他国の艦艇との比較に於いても用いられ、過去には級を基準として軍艦の戦力を条約により制限する規準にも成った。 一方、「型」は正さしく同型艦の区別に用いられたが、大日本帝国海軍では同型艦は神風型駆逐艦と松型駆逐艦の32隻が最大であるのに対し、アメリカ海軍ではフレッチャー級駆逐艦が175隻であり、これだけ多いと同型艦といっても修理・交換部品の管理が煩雑に成るため、いわばロット単位での管理が要求されるように成った。 現在では、欧米海軍では新型艦の計画時にTypeを用い、1番艦が命名された時点でClassによる呼称に切り替える(例:DD(X)型→ズムウォルト級、45型駆逐艦→デアリング級)ように成った。 海上自衛隊では、対空レーダーを中心に艤装を大幅に変更した「はまぎり」以降の後期型も、同じ、あさぎり型護衛艦として一括りに管理しているなど、欧米海軍とは異なる取り扱いをしている。

画像

4人がナイス!しています

0

間違いではないというか、船体の基本設計が同じ艦が同級艦で、そのほかの艤装も含めて基本構想が同じ艦が同型艦と考えたら如何ですかね。 アメリカでは同級(Class)で、日本では同型(Type)というのは確かにありますけど。 大和、武蔵、信濃が同級で、大和と武蔵が同型ってことで一つ。

0

大和、長門を例にされているのでその時期に合わせて説明しますと、 級-Classは米軍式の呼称です。 日本が型を使っているという根拠資料を調べたことがないのですが、恐らく日本軍は型を使っていたのではないかと思います。 また、米軍においても外国艦船は米軍のClass基準に分類できない場合は、Typeを使うので、それを型とする考え方もあるのかもしれません。