父が株を150万で購入し現在株価が100万となっており含み損50万となっています。

税金 | 株式1,242閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

取得費の話 以下、国税庁ホームページより 相続(限定承認に係るものを除きます。)、遺贈(包括遺贈のうち限定承認に係るものを除きます。)または贈与により取得した場合 → 被相続人、遺贈者または贈与者の取得費を引き継ぎます。

その他の回答(6件)

0

父の購入価格を引き継げるので ??? なるとは思えません。 税務署 電話して確認されれば❗ 其れがまかり通れば 幾らでも〜

0

その方法・考え方は合法ですよ。 贈与額は、相続時の評価の方法と同じです。株式の場合は、贈与契約書を締結した日では無く、名義書き換え日が贈与日です。 例えば、7月中が名義書き換え日としましょう。すると ①名義書き換え日の終値 ②7月の終値の平均値 ③6月の終値の平均値 ④5月の終値の平均値 ①~④の中で、その最も低い価額により評価します。 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hyoka/4632.htm この下落相場ですから、多分、贈与税は課せられないと思いますが、7月10日投開票日です。参院選後は過去、上昇傾向のパターンが多かったですが、参院選の行方が株価に与える影響は、限定的との見方もあります。 海外投資家は参院選への関心が薄く、米国で景気を冷やす効果を持つ利上げのペースが落ちなければ、投資家が保有資産を見直す際に「日本株も売られてしまう」と指摘もあります。 ③④の平均値は、ヤフーファイナンス等を参考にして、直ぐにご自身で計算できると思いますが、場合により、多少の贈与税が課せられる事も想定しておいて下さい。 お父さんの株式の取得費は、あなたの取得費になりますので、お父さんの取得費をしっかり確認し、本年中に贈与された株を売却して、証券口座内で損益通算しましょう。

0

150万円で譲渡できれば50万円をふくみ損に入れられますね。 110万円までは贈与税かからないから、40万円分の贈与税を払うことになるよね。 節税効果は低いですよね。 というか、その時の株価で評価しますので、株の贈与の時の金額は証券会社で決めると思いますよ。

0

>このような行為は節税になりますか? 節税になるね。 >私の贈与や株の認識で誤りがあるでしょうか? その認識で正しい。