「なお、墾田永年私財法については、この法によって最も利益を得たのがどの階層であったのかを考えると当時進められていた国分寺建立、

日本史48閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!

お礼日時:7/5 13:33

その他の回答(1件)

0

墾田永年私財法によって、資本を持つ中央貴族や大寺社が、諸国の国司を通じて地方諸国に開発予定地を設定して開墾して私有地とする動きが出始めた。これが貴族や大寺院による私領化(荘園化)へとつながっていくこととなる。 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%A2%BE%E7%94%B0%E6%B0%B8%E5%B9%B4%E7%A7%81%E8%B2%A1%E6%B3%95 お寺の偉い人の力が強まったらしいです。