エリザベートという作品は第1部と第2部で違う役者に交代は無理なのでしょうか・・・? たとえばベルサイユのばらでもアントワネットは少女時代に 若手の出世コースにやらせてましたよね。

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様回答ありがとうございます!

お礼日時:7/5 11:44

その他の回答(3件)

1

私も一路さんのエリザベート(東宝)を観てえ?子役?と思ったほど細くて子役と思わせるほど上手かったのだと思います。やはり少女から老婆までを上手く演じられる人がエリザベートを演じて欲しいです。フランツもそれが出来る人に演じて欲しいです。

1人がナイス!しています

3

エリザベートの中でもルドルフは2人で演じられるのが基本ですから、エリザベートについて、とするならば、トップ娘役という存在が無いなら可能でしょう ベルサイユのばらのアントワネットの少女時代は、ウィーン出発程度の子ルドよりも軽い役です。 エリザベートはタイトルロールで実質的には主役です。この役を2人に割るということはトップ娘役とトップ女役が同等で2人居て、かつ、同レベルの2人ではなく、ポジションが全く違う2人である必要があります。 そんな状態は通常のトップ娘役がいる状態では考えにくいです。 ということで作品的には可能だが宝塚の興行的には超レアな状況下でしか実現し得ないものかと思います。

3人がナイス!しています

1

初演の花總さんは無理なく演じていたと感じました。2人で分ければ役が増えますがトップ娘役としてどうなのかな、演技力を磨けって思うかも。 話は違いますが、97年にあった幻のガラコンサートでは、一部は当時現役だった月影さん、二部は楊さんが、子ルドは月影さん、大人ルドは真織さんが演じていました。歌がさすがに素晴らしくて、時代年齢の表現も含めて納得ではありました。

1人がナイス!しています