キーボードや電子ピアノとPC間 PCからオーディオインターフェイス(USBーDAC)間 のUSBケーブルって、安物と高価な物で音の違いを感じますでしょうか?

DTM | オーディオ127閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

2

変わる事も当然あるかと思います。しかし必ず良い方向に変わるかと言うと全くそんなことはないですね。 この手の問題はUSBケーブルだけでなく、音響ケーブルや電源ケーブル、コンセントまで波及してよく議論されますが、考えるだけ無駄だと思います。(考えてみて無駄だと知ることは大事だと思いますが) よく低域が出やすくなるケーブル等がありますが、それは高域とのバランスが崩れているとも言えるわけで、抜けが良いと言われる逆のパターンもまた然りです。 基本的にケーブルは音の劣化させずにそのまま伝送するのが本来の目的ですから、そこに音を変える要素が入り込んでいるとアウトボードやマスタリングで作った音が何のための物なのか、と言う話にもなってきます。 現にどの音響スタジオ等でも音響機器スタジオでも業界標準レベルのもので収まっていますし、極度にそこまで気にしている人間はいないように思います。というよりも作品の出来には関係ないでしょう。 もちろん劣化したものや数百円のおまけケーブルはよろしくないですが、名の通ったケーブルであればなんであれ関係ありません。 お節介かもしれませんが、ケーブルのことを考え出すのは危険信号だと私は思います。なので、質問者様の変化を感じないという感性を信じるべきだと思います。

2人がナイス!しています