回答受付が終了しました

民法の問題です

回答(1件)

0

A 誤り 民法802条、803条 縁組取消は家庭裁判所に訴える必要がある(同法803条)が、縁組無効につき、そのような定めがない(同法802条)。 B 誤り 民法811条、816条 離縁、縁組の解消につき、民法816条参照。同法811条6項に死後離縁について書いてある。当事者が死亡しても離縁せず、当事者の死亡後所定の手続きを経ないと縁組は解消しない。 遡及効について、定めがないので設問の通り。 養親の氏の続称につき、民法816条