回答受付が終了しました

赤外線カメラでの長波長帯と短波長帯に大別されるのですが長波長帯と短波長帯とはなんのことですか?教えてください。

回答(1件)

0

780nm以上の波長を赤外線と呼び、780nm~2500nm(2.5μm)を近赤外線(NIR)、2.5~4μm程度を中赤外線(MIR)、また4~1000μm程度を遠赤外線(FIR)と分類します。 NIRは家庭用リモコン、FIRは熱源としてこたつや電気ストーブなどに利用されています。 赤外線カメラは、可視光線に近い「近赤外線」で撮影しているはずです。

この返信は削除されました