アンケート一覧ページでアンケートを探す

回答受付が終了しました

ウルドゥー語とアラビア語の違いはなんですか?

言葉、語学 | 海外1,128閲覧

新機能 AI回答テストを実施中! テスト対象カテゴリ:歴史・悩み相談 ※回答がつかない場合は、画面のリロードをお試しください

回答(2件)

そもそも語族が違います。全く別系統の言語です。 アラビア語はセム・ハム語系です。 ウルドゥー語はインド・ヨーロッパ語族です。ヒンディー語やペルシャ語と同系統です。 ウルドゥー語を学べばペルシャ語も学びやすいと思います。

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

>パキスタンの国の語学を勉強したいのですが アラビア語はパキスタンでは話されていません。 国民の97%以上が信仰するイスラームの聖典クルアーン(コーラン)を読むためにアラビア語の「読み方(お経で言うところの『読経』をするため)」を習うことはありますが、パキスタンでアラビア語の会話はほぼ皆無です(*在パキスタンのアラブ系の人と話すかイスラーム学を大学等で勉強する時に使う程度です)。 なので、アラビア語ではなくウルドゥーを勉強することをお勧めします。 アラビア語とウルドゥー語は、読解に関しては中国語(簡体字であれ繁体字であれ)と日本語の関係に似ています。同じ漢字が「多い」ので、ある程度分かる部分もありますが、日本語しか知らない人が中国語を、中国語しか知らない人が日本語を見て全ては理解できないのに似ています。 音声に関しては、スペイン語(英語とほぼ同じアルファベット)話者がインドネシア語(英語とほぼ同じアルファベット)を「音読」するのに似ています。 ある程度正しく読めますが、それぞれの言語の独自の文字や発音ルールで違う読み方をする部分があります。しかし慣れれば読めるようになります。しかしそれで内容が理解できるかどうかは別問題です。 ローマ字が読める日本人がほぼローマ字のインドネシア語の文章を読んでも何が何だか分からないですよね。 文法は全く違います。本当に全然違います。 上記のように分かる単語もありますが、それは中国語と日本語の関係のように、ウルドゥー語にはアラビア語由来の単語が入っているからです。しかし日本人が中国語の文面をある程度しか理解できないように、アラビア語話者とウルドゥー語話者はお互いの文章が「ある程度分かる」レベルです。 発音も上記に書いたように特殊な文字や独自ルールで初めての時はきちんと発音できない部分もありますが、大部分は同じ文字と発音なので慣れれば読めるようになります。 なので、もしアラビア語を勉強したい理由がクルアーン(コーラン)を読むためならば、文字や発音はある程度同じなので、やはりウルドゥー語を勉強する過程で文字と発音を覚えた後に少しずつ「アラビア語での読み方」を覚えたら良いかと思います。 もしアラビア語を学びたい理由がイスラームの勉強或いは研究のためならば、アラビア語を学ぶよりまずイスラームについて書かれた本を読んだ方がいいと思います。日本語でもイスラームについての良い本は沢山ありますし、英語がある程度できるならば更に多くの良い本があります。 ウルドゥー語をある程度習得してからアラビア語を勉強しても十分だと思います。