ここから本文です

「『わっしょい』の語源は韓国語」の説は、韓国でも知られていますか? 今日、...

ohm********さん

2009/6/1123:27:21

「『わっしょい』の語源は韓国語」の説は、韓国でも知られていますか?

今日、あるクイズ番組で「わっしょい」の語源に関する話が出ていました。

番組では、語源は
「和背負い」(和を背負う)
から来ていると説明していました。


以前、私は韓国語の先生から
「『わっしょい』の語源は『ワッソ』(来た)」
と聞いていたので、どちらの説が信憑性があるのか調べました。

どうも、韓国語説は後付けのようなのですが…。
どちらの説が有力か?なぜ先生はああ言ったのだろう?
…と、気になりました。

そこで、質問です。
韓国では、
「日本では、韓国語の『ワッソ』を語源とした言葉が使われている」
と話が出ることはあるのでしょうか?


韓国語の先生は、先生だから知っていたのでしょうか?
または、日本にいる期間が長いから知っていただけなのでしょうか?
…韓国語や韓国にお詳しい方、よろしくお願いします。


キーワード***
ワッショイ、朝鮮語、日本語、由来

補足クイズ番組を観て感じた疑問をここで質問したのですが、もしかしたら軽率だったかもしれません。

しかし、様々な見解を聞くことができ、勉強になりました!
回答者の皆様、ありがとうございます。

BAは投票で決めたいと思います。

閲覧数:
9,994
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sol********さん

2009/6/1315:15:46

「わっしょい」が韓国語「ワッソ(왔소;‘来ました’の意)」から来たという説は、日本でも韓国でも時おり耳にすることがありますが、根拠の薄弱な俗説と考えるのがよさそうです。理由は以下のとおり。

(1)語尾「-ソ(-소)」の出現が17世紀であること

語尾「-ソ(-소)」は17世紀に命令形語尾として初めて文献に現れます。しかし、「ワッソ」のように(過去形などの後ろに現れて)平叙を表す用法は、18世紀に入って現れます。従って、「-ソ(-소)」という形自体は17世紀の出現ではありますが、「ワッソ」のような用法は18世紀ごろという比較的新しい時期のものです。

(2)過去形「-았-」の完成が17世紀以降であること

韓国語の過去形「-았-」は近世朝鮮語(17~19世紀)には「-앗-」の形で現れます。この形はさらに、中期朝鮮語(15~16世紀)の「-앳-」にさかのぼります。「-앳-」という形は連用形「-아」(…して)に存在詞「잇-」(あり)が続いてできた形です。しかしながら、中期朝鮮語の時代には過去の意味ではなく、文字どおり「…してあり」という動作の結果を表す形でした。これが近代朝鮮語の時期になり、過去の意味へと変化していきます。ちょうど日本語の「してあり→したり→した」と同様の過程を経て、過去を表すに至るわけです。

この2点を考察すると、韓国語「ワッソ」は早く見積もって18世紀ごろに成立した形であると推定することができます。もし、日本語の「わっしょい」が18世紀以降に成立したものであるならば、この単語が韓国語より借用された可能性がないとは言えません。しかし、「わっしょい」の使用がそれ以前にさかのぼるとすれば、「ワッソ」が「わっしょい」の語源である可能性は極めて低いといえます。また、音の対応の点から見ても、「ワッソ」の「ソ」と「わっしょい」の「しょい」の音の違いを、合理的に説明する必要がありそうです。

以上のように考えると、韓国語「ワッソ」が「わっしょい」の語源となっているとする説は、説得力に乏しいと言わざるをえません。日本語の単語の中には、確かに韓国語に由来すると推測されるものがあることはありますが、「わっしょい」についてはそのような部類に含めることが、少々難しいようです。

「和背負い」説については、私が日本語史に暗いため、申し訳ありませんがここでコメントすることができません。

なお、何の根拠もなく語呂合わせだけで韓国語と日本語を結び付ける与太者が、ここにもいるようですが、そのような輩の言は全くもって論ずるに値しません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「わっしょいの語源」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

reh********さん

2009/6/1419:13:27

ヘブライ語では「運ぶ」という意味だそうです。

僭越ながら私がここで英語起源説を唱えてみましょう。

わっしょいの語源は現代英語であり、本来の意味は「we show it!」である。

そんなわけでわっしょいの語源は現代英語です。

うそです。

hum********さん

編集あり2009/6/1215:29:32

韓国人は、様々な起源を主張しています。
しかもネット上での落書きというレベルではなく、会社やスポーツ団体や文化団体が公式に発表したり、著名な研究者や文化人が発表しているので、中には信じてしまう韓国人もいるのでしょう。
例えば、「サッカー」の起源は韓国だ!と韓国のサッカー協会が公式HPで主張しました。もちろんすぐに抗議が殺到し削除しました。サッカーの起源がイングランドだということは世界の常識です。そういった事を、公の機関が行うのが、韓国という国です。
突拍子のないものだと、キリストが韓国人だったとか、四大文明や漢字も韓国起源だとか・・。山のようにありますので、興味があったら【韓国 起源 主張】で検索してみて下さい。

また、現在の韓国では、日本語由来の言葉が生活の中に溢れています。
「おでん、うどん、たくあん、たまねぎ、てんぷら、さしみ、弁当、ワリバシ」等の食事系、「ヤクザ、詐欺、賄賂、親分、子分」等の闇社会系、「背広、上着、半袖、猿股」等の衣類系、これらは生活の中でごく普通に使われていた言葉で、中にはお年寄りしか使わない単語もありますが、若い人でも知っている単語ですし(それが日本由来と知っているかどうかは別として)、「おでん、うどん、たくあん」等は、韓国の食堂にいけば当たり前のように見られます。また建築現場で使われている業界用語、例えば「足場、下地、手直し、仕上げ」等はこのまま日本語と同じ意味で使われています。これは日本統治時代に日本人が様々な建築物を作り、またその技術を伝えたという事に由来しています。

参考資料として、2004年の毎日新聞(福島版)のコラムをどうぞ
http://kan-net.web.infoseek.co.jp/html/mainichi-ku/ku200403023.htm
また、学問的な方面からもっと知りたいということであれば【近現代の中国語、韓国・朝鮮語における日本語の影響】で検索してみて下さい。新潟産業大学の金光林という人の論文が読めます。

このように、日本由来の言葉が韓国内にたくさんあるのに、日本に韓国由来の言葉がないのはけしからん!韓国は半万年の歴史を持ち、日本より全ての面で優れているはずなのに・・・と、冗談のようですが真面目に韓国人は思っています。そのため、そのような「韓国語が語源」を主張しています。
別の例では「奈良」。ご存知かどうか知りませんが韓国語では国の事を「나라(ナラ)」と言います。奈良には昔、平城京があった。日本の都=国はそこにあった。つまり「奈良(ナラ)」の起源は韓国だ!という主張です。

最後に決定的な事実を。
ハングルが出来たのが1446年。それ以前は全て漢字・漢文で書かれていました。それ以降も、一部の兩班(ヤンバン)と呼ばれる支配階級のみがハングルの読み書きが出来る状態で、庶民は読み書きは出来ませんでした。「ワッショイ」の語源が韓国語(朝鮮語)であると証明するなら、日本で「ワッショイ」が使われる以前の韓国の文献と日本の文献を研究しなければわからないはずです。でも残念ながら韓国ではそれらの文献は残っていないでしょうし、残っていたとしても、全て漢字・漢文で書かれています。現在のハングルしか読めない韓国人に研究、解明することは出来ないでしょう。
もちろん、話すための言葉はありました。しかし、それがどんなものだったのか?ほとんど解明されていないのが韓国語(朝鮮語)の語学研究界の現状です。
日本語だって、明治時代の夏目漱石の 『吾輩は猫である』を原文のまま読もうとしたら難しいですし、平安時代の『源氏物語』は無理ですよね。私達が読めるのは、当時の文字を研究し現代の言葉に置き換えているからです。
当時の言葉が解明されていない状態で、「起源」を主張されても、滑稽なだけです。

これらを踏まえて・・

貴方がおっしゃる様に「後付け」と結論付けられますね。
韓国人が持つ、日本に対するコンプレックスから来る「模造」と言っても良いでしょう。そのため、あまり日本人の友達の前では話さない方が良いでしょう。失笑されてしまいます。また、今後、先生が同じような話をしてきたら、「へぇ~、そうなんですか」と笑ってスルーすることをおススメします。こちら側がどんな正論を言っても聞く耳を持たないと思いますので。

>韓国語の先生は、先生だから知っていたのでしょうか?
先生の言う事が全て正しいという既成概念は捨てましょう。またその先生がどなたか知りませんが、韓国語の先生は韓国語を母国語に持つ人なら、留学生とか日本に出向中の会社員などでもなれます。仮に韓国の大学の韓国語学科を主席で卒業した人だとしても、前記のように「古代朝鮮語」は解明されていませんからね・・。
>日本にいる期間が長いから知っていただけなのでしょうか?
私や貴方の方が日本に長い間(というか生まれてからずっと)いるから知っているはずでしょう。もしそれが本当で常識だったらの話ですが・・。

the********さん

編集あり2009/6/1212:58:20

こんな話しは日本人にはあんまりうれない話しだから
省きますが。。とりあえず、韓国語及び日本語の学習には
随分役に立てるのは確かですから、特別に説明しますね。

代表的な言葉として、「ワッショイ・ダガダガダガガ・サラバ」
があります。

「和を背負う」と「来た」どちらがその場面に相応しい
なのかは聞くまでも無かろう。

お互い近づけろの意味で「ダガ ガ」を連呼する。
「다가 가」の意味は「近づけろ」の意。
ダガダガダガガの日本人の訳も讀んだことがあるんが。。
別に讀む価値も無かったと思う。

サラバは「生きろ」の意味で、昔、朝鮮半島から逃げた
王様に対して、追手から「逃げて生きて下さい」という
意味で連呼された言葉が現在分かれの挨拶として残っている
と以前日本人が書いた本から讀んだことがある。
サラバは、韓国語の「살아봐」で、「살다 + 보다」の
合成語。

とりあえず、「ワッショイ・ダガダガダガガ・サラバ」この
三つは韓国語としてもまだ通用されています。

これ以外にも沢山の言葉を、私は知っている。
どちらの主張が正しいなのかはおいといて、両国の言葉の
学習にはとても役に立つのは誰にも否定できない。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる