GSX250Eのステムベアリングをテーパーベアリングに交換したいと考えております。 作業内容は難しいですか? 車両からステム部分は、外してあります。

GSX250Eのステムベアリングをテーパーベアリングに交換したいと考えております。 作業内容は難しいですか? 車両からステム部分は、外してあります。 アドバイス、よろしくお願いします。

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

ベアリングとカラーを抜いたり入れたりするのが大変だと思います。 カラーは長い棒のような物でたたき出します。 で、新品はベアリングドライバーなどで圧入するとよいと思います。 一番やっかいなのが下側のベアリングかと。プーラーでやるのがラクだと思いますが、市販のプーラーは足の長さが足りないと思われますので、そうなると専用工具を買うしかないでしょうが、これは高いです。バイク屋の工賃と変りません。 専用工具がダメとなると、平たがねなどでたたき出すしかないと思います。シャフトにキズなど入れないようにご注意。 打ち込みはシャフトより数ミリ程度径の大きなパイプなどを使用すればいいかも。

その他の回答(2件)

0

クラブマンのステムベアリングを交換した事があります。 フレーム側のレース取り外しは長いマイナスドライバーで。 打ち込みは経の合うソケットレンチの駒を使いました。 下側のレースは上向きに打ち込むので体勢が辛いですよ。 ステム側のレースの取り外しはマイナスドライバーで少しずつたたいて外しました。ダストシールは新品交換前提だったので、そんなに苦労せず外せたように記憶してます。 打ち込みは板状のメガネレンチ(何かの車載工具だったと思います。)を当てて長いマイナスドライバーでこつこつと。ここが一番苦労しました。 とにかく、ベアリングのローラーが当たる部分を絶対に叩かないように、慎重に少しずつ打ち込んで下さい。 全集を均等に少しずつ打ち込んで、底当たりするまでしっかり打ち込めば斜めに入ったりはしないと思います。 抜くときも全集を均等に叩くように。 ステムは出来ればバイスに挟んで固定するか、無理なら誰かに保持してもらって下さい。 一人で打ち込むのはかなり大変です。手が4本欲しくなる事うけあい(苦笑)。 組み付け時は上質なグリスをケチらずこれでもか!と塗り込んで下さい。 ちなみに組み付け後の締め付けの調整が、テーパーローラーは結構シビアです。 締め込み過ぎないよう、少しずつ閉めては動きを確認して。数キロ走行後に再チェックするのを忘れずに。

0

簡単です。 ベアリングプーラーなんてものは必要ありません。 そんなものは買っても無駄です。 (ステムのベアリング交換なんて一般の方なら一生に何回もないでしょうし、そもそもそんなものがなくても交換可能なので) ただ一点、根元のコーンレースを取るには慣れていないとちょっと大変な作業ですが素人さんでも十分可能なレベルの仕事です。 タガネでカンカンカン…とね。