サーキュレーターと扇風機の違いを教えてください

日用品、生活雑貨305,053閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

44

44人がナイス!しています

その他の回答(4件)

2

電器店で扇風機とサーキュレーターの風のあたり方を比較すれば解ると思います。 扇風機の方は前方以外にも斜め方向などに拡散して風が出てきます。 一方、サーキュレーターの方は、拡散せずに風はまっすぐ直進します。 他の方もコメントされている通り、扇風機は身体に直接風を当てて涼むためのもので、サーキュレーターは、空気を循環させるのが目的ですから、本来の用途は違う物です。 だから、扇風機は横方向の首振り角度は大きく上下方向には少ししか角度が替えられませんが、サーキュレーターは首振り機能がありませんが、真上に向けられるように上下方向の角度の変化は大きくできるようになっています。 使用目的が異なるために構造的にも異なるんですね。 今度、電気屋さんに行った時にでも確認して下さい。(^_^)v

2人がナイス!しています

7

最近のサーキュレーターも床置きが基本設置の様で(昔は天井だったのですが)、扇風機と変わらなくなってきました、基本的には同じです、用途が違うだけです結局室内空気をかき回すのですから、体に直接当てようが、間接的に当てようが一緒です。 シーリングファン等ならサーキュレーターですと言えますが、床置き型だと変わらないような気がしますがね!

7人がナイス!しています

4

サーキュレーターは、循環装置です。扇風機は、うちわや扇でアオグ代わりに、人体に風を送って暑さを凌ぐ道具です。暖房中は暖かい空気は天井近くに集まります。又冷房中は、冷えた空気が床近くに溜まります。サーキュレーターを天井に向けて空気を掻き混ぜると部屋中の空気の温度差が少なく成ります。特に天井が高い部屋は暖房が効きにくいです。

4人がナイス!しています

5

ID非公開

2009/6/24 18:37

サーキュレーターは、主に部屋の空気を動かし循環させ上下の温度差をなくす効果があり、換気扇の機能を持つものもあります。 一方扇風機は、体に直接風をあて体感温度を下げ涼しく感じる効果があります。

5人がナイス!しています