今更ながらなんですが、県庁所在地で県の名前で○○市は解るんですが(例えば長野県なら長野市、静岡県なら静岡市など)、県名が付かない何処が幾らかありますが、(例えば宮城県なら仙台市、愛知県なら名古屋市、

国内 | 日本史484閲覧

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(7件)

何故かは知らんけど、那覇市が先に有って旧名ゴザを改名して沖縄市になったじゃなかったけ?

>県庁所在地で県の名前で○○市は解るんですが いえ。むしろ逆ですよ。 地名は細かく細分されており、県名と県庁所在地あるいは最大の都市の名称が揃わない方が道理でしょうに。 申し訳ないですが、それぞれの土地に地名が存在するのに「県の名前を使わないのですか?」と疑問に思う理屈がさっぱり判らないです。 >長野県なら長野市 そもそも長野県は、明治の廃藩置県で伊那県となり、中野県として分離、飯山県、松代県、須坂県、上田県、小諸県などを統合し、長野県に。 一方、伊那県、高島県、高遠県、飯田県、松本県は筑摩県となり、さらに飛騨地方が分離して、筑摩県と合併して現在の長野県となった・・・という流れですから、長野県が長野市になったのは偶然のようなものであり、どこをどうみたら「長野県なら長野市」ってロジックになるのでしょうか?、っていう話でしかないですよ 筑摩県との合併によって、松本と長野が県庁所在地で激しく争い、その遺恨が県民の間に残り、地域対立を引き起こしたので、県歌が作られたっていう有名なエピソードも、「長野県なら長野市」と決まってないからですよね?

明治の初め、県の名前をつけるときに、 県庁のある町の名前をつけたところと、 その町が属する郡の名前をつけたところがありました。 町の名前をつけたところは、 その町が大きくなってやがて県庁所在都市となりました。 この場合は、県名と県庁所在地名が同じです。 郡の名前をつけたところは、 郡内の町が大きくなって県庁所在都市になったので、 郡名=県名と県庁所在地名は違っています。 東北六県を例にとると、以下の通り。 青森=町の名前、青森県青森市 岩手=郡の名前、岩手県盛岡市 宮城=郡の名前、宮城県仙台市 秋田=郡の名前、秋田県秋田市※ 山形=町の名前、山形県山形市 福島=町の名前、福島県福島市 秋田だけが、郡の名前なのに県名と県庁所在地名が同じですが、 これは廃藩置県の直前に、城のあった久保田という町が 郡名と同じ秋田に改名してしまったからです。

事情は各県様々ですが、いまの県が出来るまでの合併でいろいろあったので。 明治の初め、廃藩置県で藩が県に変わりましたが、初めは県の数がとても多かった。それらを整理して行く過程で、A県とB県とが合併して一つの県になるとき、全体の県名がA県で県庁所在地がA市では、B県の人は納得できない。揉め事になる。で、新しい名前を作ったり、県庁所在地をA市にする代わりに県名をB県にしたり、妥協案を探した結果、今のように。