ここから本文です

語り継がれる名馬。

poc********さん

2009/7/310:24:06

語り継がれる名馬。

現在でも競馬ファンに語り継がれている、過去の名馬たち。
たとえば、歴代3冠馬はもちろんのこと、
トウショウボーイ、テンポイント、グリーングラスのTTG。
無冠の帝王モンテプリンス。
悲運の超特急キーストン。

GⅠを軒並みたくさん勝っている訳ではなくとも、
その競走成績やドラマから「名馬」として
語り継がれている競走馬はいっぱいいますよね。

では、ここ15年くらいで現れた競走馬の中で
数年~十数年後にも「名馬」として語り継がれるであろう馬は
どんな馬がいるでしょうか?
私は、ビワハヤヒデ・ウイニングチケット・ナリタタイシンの3強。
他にはホクトベガやサイレンススズカが思い浮かびますが、
皆様はいかがでしょうか??

補足tw_19520204さん、ルドルフとシンザンは
ここ15年くらいの馬ではないですよw

閲覧数:
1,074
回答数:
8
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bea********さん

2009/7/314:05:42

いい意味でも(昔あった悲劇は経済動物としてのサラブレッドを酷使した中で生まれたものもあり、的確な例えではないかもしれないけど、日経新春杯を66.5kgで走ったテンポイント。こういった過去の教訓から、ある一定の斤量以上を背負わせることへのタブーであったり暗黙も了解もあって、全体を見ればより良い環境で競馬は施行されるようになったと思うこと)、悪い意味でも(ブラッドスポーツという観点からは土着の血統が著しく失われ血のつながり見る楽しみが減ったこと)、競馬のドラマ性は確実に失われつつあると感じています。

それでも15年も遡れば、まだまだドラマ性のある名馬はたくさんいますね。
ナリタブライアン世代(94年クラシック)で言えば、父ステートジャガーを種牡馬界に復帰させた孝行息子、メルシーステージ。
今なお最強を謳われるブライアンの最全盛期中で唯一土を付けたスターマン。
95年に日本馬として初めて海外重賞を制したフジヤマケンザン。
地方から転厩し生涯通じて1600Mで負けることが無かったマイルの帝王トロットサンダー。
父の数少ない産駆としてスプリンターズSを最低人気で制しステークスウィナーの仲間入りを果たし、かつ以降もそれがフロックで無い強さを見せたダイタクヤマト(父ダイタクヘリオス、父父ビゼンニシキ)。
地方重賞を総なめにした南関の哲学者にして怪物、アブクマポーロ。
ライバルでもあったその怪物の後を継ぎ、地方所属馬として史上初JRAGⅠ制覇したメイセイオペラ。
国内外芝ダートを問わずに走り続けたユーティリティホース、アグネスデジタル。
同世代がダービーを争う時期まで未勝利戦を走り、そこから権威あるGⅠ3勝まで上り詰めた、まさにミラクルのヒシミラクル。
天皇観覧レースで14番人気からの牝馬優勝、松永騎手と共に馬上での最敬礼は競馬史に残る非常に美しい名シーンでした、ヘヴンリーロマンス。
ダートのディープインパクトと言われ、屈腱炎から見事復活し現役最強のヴァーミリアンを退けたカネヒキリ。さすがに今回の骨折後は復帰ではなく引退、フジキセキの後継として勇退してほしいです。

きっとまだたくさんいますね。

質問した人からのコメント

2009/7/9 10:26:37

感謝 そうそう!beautifulpersonsさんの回答のように
記録ではなく記憶に残る実績を残した馬が
ふさわしいと思うんです!
他の回答者様もありがとうございました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ari********さん

2009/7/409:29:39

テイエムオペラオーですかね。

なんか当時かなりアンチも多かったですがやはり完全に世紀末の主役!!
JRAG1を7勝ってゆうのはルドルフ、ディープ、オペラオー
オペラオー以外の2頭は3冠馬ですからそれに並ぶ評価をもらってもいいと思います。

3歳時はアドマイヤベガとナリタトップロードと共に3強で戦い抜き
年末の有馬記念ではグラス、スペシャルにクビ差まで迫った

翌年の2000年はG1 5勝を含む8戦8勝とライバルのメイショウドトウをことごとく退け完璧な成績!!

産駒はあまり活躍できていないですが間違いなく一時代を築いた名馬だと思います!!

s27********さん

2009/7/400:23:59

1994年からって事ですね?

三冠史上最大の圧勝
ナリタブライアン

淀の刺客
ライスシャワー

究極の逃げ馬
サイレンススズカ

最強マイラー
タイキシャトル

最強世代
エルコンドルパサー
スペシャルウィーク
グラスワンダー

世紀末の大偉業
テイエムオペラオー

幻の無敗馬
アグネスタキオン

空飛ぶ英雄
ディープインパクト

最高の女帝
ウオッカ
ダイワスカーレット

特例で
サンデーサイレンス

yah********さん

2009/7/314:39:27

トウカイテイオー、サイレンススズカ、テンポイント等の競争生活の中でドラマがあった馬は語り継がれるでしょうね。
しかしディープインパクトの出現によりナリタブライアンの印象がやや薄くなってしまったように強さが印象に残った馬(最近ではディープインパクト、キングカメハメハ等)は徐々に印象が薄くなってしまいます。

tw_********さん

2009/7/312:40:34

シンボリルドルフ、シンザン、エルコンドルパサー、

hir********さん

2009/7/312:10:13

やはり、ディープでしょうね。

デビュー戦を見て「うわー強!!」ってのが第一印象でした。
その後、牡馬三冠を取り、名実ともにスターホースの仲間入りしました。

単勝オッズもも凄く、全レース1倍代以内(2倍代以上がない)を見ても頷けますよね。

凱旋門賞では、深夜にも関わらずテレビの視聴率が高かったのも
名馬たる由縁ではないでしょうか。

過去にも、強い名馬が居たとは思いますが、ディープほど競馬産業に貢献した
名馬は居なかったと思っています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる