ここから本文です

歴史に「もしも…」はタブーとされるのは何故ですか?

kami_userさん

2009/7/521:15:44

歴史に「もしも…」はタブーとされるのは何故ですか?

閲覧数:
650
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

da11entさん

2009/7/521:34:56

学問的に歴史を考えるときに、土台に少しでも「もしも」が入っていたら導かれる結論に価値がないからです。

歴史の楽しみ方としてはなんの問題もありません。むしろ当時の状況確認(なぜその人物はそう決断したか)をする場合などには有効だと思います。

質問した人からのコメント

2009/7/7 20:30:56

感謝 なるほど!ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ytadanukiさん

2009/7/601:40:47

そんなことをい奴はバカだよ。
「もし、あのときこうしていれば」
ということを考えない奴に進歩はないし
同じ失敗をくりかえすじゃないか。
歴史を「もし」で考えなかったら
歴史を研究することに意味はなくなる。
「もし」が重要なんだ。

bakuya00さん

2009/7/600:02:14

きりがないから。

ここで質問者(あなた)がもしも質問しなかったら、
質問者や回答者の未来はどうなると思います?

jenufa2009さん

編集あり2009/7/523:03:50

禁忌ではなく、無意味なんです。どうにでも言えるからですね。
言ったものがちともいえます。

歴史には偶然性があるし、実際に起こっていないことを想定し
て論じてみても、それは推測の域を出ず、必ずそうなると確定
することはできません。また、それまでの考え方を翻して、新し
い意見になる人だっているでしょう。秀吉の壮年期を知る人は、
晩年の彼の姿を想像できたでしょうか。また、大内義弘は、
足利義満の寵臣だったのに、大乱を起こすことになります。

人間には、そういうことが起こります。朝倉義景は若いころは
有能だったが、子どもを亡くしてから無気力になったといいま
す。逆に、家康は大器晩成だったといえるでしょう。

例えば、関が原についての「もしも」は多いです。石田三成が
関ヶ原で勝ったとして、めでたや、徳川は滅び、豊臣の世が
続いたかというと、そうなるかどうかはわからない。忠臣とい
われている石田がこころがわりして、家康の代わりに石田幕
府を狙うとも限らない。そう仮説を立てたとして、じゃあ、誰が
石田について、誰が敵になるか、わかりますか。

たとえ、石田が最後まで忠臣だったとしても、例えば、成長し
た秀頼が石田とソリが合わず、退ける可能性もあるし、その
場合は、ちゃんと豊臣政権がつづくのか、また不穏になって
きますよ。人生は、一寸先は闇です。関ヶ原の1年後に、石
田が急死したらどうなりますか。予想がつきません。

負けた家康はどうでしょう。素直に滅んでくれるのか、足利尊
氏みたいにリベンジしてくるのか、まったく予想できません。
前田や黒田官兵衛、伊達、佐竹などは、どう動くでしょうか。
こういう勢力が、再び反石田で結集する可能性もあります。

たとえ資料をどれだけ集めたとしても、こういうことを全て論
理的に予測し、どういう風になるのが蓋然性が高いかを決め
るのは、困難です。

ですから、歴史において、「もしも・・・だったら」などと論じる
のは愚問なのです。

hk8302さん

2009/7/521:25:21

なんの意味もないし、どうしょうもないからです。

例えば昨日、昼に牛丼を「吉野家」で食べ、
今日になって「松屋にしていれば」
と考えるのと同じだからです。
その時のとれる行動は一つです。

yso6693さん

2009/7/521:17:58

タブーという訳でもないのですが、歴史はさまざまな証拠に基づいた検証によって解き明かされるもので、個々人の推測が入る余地がないからです。

その代わりと言っては何ですが、「もしも…」が入った歴史小説がたくさんあります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。