ここから本文です

囲碁 石取り碁に勝ちたい! 私は今ほぼ毎日のペースで市内の碁会所に通って...

yam********さん

2009/7/1719:51:15

囲碁

石取り碁に勝ちたい!

私は今ほぼ毎日のペースで市内の碁会所に通っています。棋力はまぁ、一桁の級になったばかりでしょうかね。 (優しい方からは2、3級はあると言われます。)
私はまだまだヘボです。
その碁会所に「石取り名人」と呼ばれる方がいます。(とある方は「ヘボを負かす碁」だと言ってます。)
その方は接近戦や死活はかなりのものをもってるのですが、形は正直言って悪いです。
その方の棋力は初段です。
その方は相手の石を攻めると言うより、相手の石を取りにきます。
ヒカルの碁でいうと阿古田さんみたいな感じです。
その方と毎日のように打ってるのですが、5子も置いてるのになかなか勝てません。
大きい石を取られる事は少なくなりましたが…
私に指導碁を打ってくださる方は、「接近戦はもう少し、形や布石はいいのになぁ、とりあえずその方に勝てるよう頑張りなさい。」と言ってくれます。
「石取り名人」に勝てるようになるにはどのように打てばいいか、コツを教えて下さい。

ネット碁の紹介はご遠慮下さい。

閲覧数:
1,007
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nor********さん

2009/7/2019:48:53

形の悪い人につぶされるのは悔しいですよね。

アドバイスとしては他の方も言っているとおりですが、
1、狭いところに入らない。
石取り碁の人は弱い人から見て広めに陣地をつくっているものです。
目をつぶって広い地をあげることです。「相手と自分の真ん中が好点」
2、弱い石を手抜かない
1、のようにやられるとついつい自分の弱いところを手抜いてしまうものです。
地を稼ぐ人とやるときは手抜きが重要ですが、逆に石取り碁の人相手には手厚く打つように心がけるといいです。
「弱いところから広げるときは打ち込まれないように注意」
3、むやみに強い手を打たない
厚くなるとついつい、ツケ、二段バネ、ケイマであおったり、そういう手をやりたくなります。
それよりも、戦いになったら5分5分でいいのです。弱い石を守れれば、5子なら確実に勝てます。
「弱い石から動け」

筋悪の阿古田さんが自滅していくのを見るのは快感ですよ。お互いがんばりましょう。

質問した人からのコメント

2009/7/24 14:57:23

降参 皆さんありがとうございました。

良い意味で、ベストアンサーが決めずらかったです(>_<)

igo115115117さん、私それ持ってます。5級をめざす次の一手問題集ですよね!

石取り碁に勝てるように頑張ります!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

igo********さん

編集あり2009/7/1814:38:40

筋の悪い人と打つのはやめた方がいいです。間違いなく。

筋が悪い手は相手が弱い場合、相手は咎めることが出来ないので本筋の手よりも得をすることができますが、強い人と打つとあっさりと潰されてしまいます。
つまり、”基本的に”筋が悪い手は”ごまかしの手”なのです。

なので、よっぽど強くなるまでは(県代表クラス)形にこだわり、筋がいい人と打つように心掛けた方が良いです。
筋がいい手が第一感で見えない内は高段者になれないからです。

ちなみに、上の文で、”基本的に”を使った理由は、ときたまプロの世界でもパッと見、筋が悪く見える手でも実はその局面では最前手になることがあるからです。
ただ、そんな手が打てるのは相当読みが強くなってからの話です。

まずは、筋の良い手がちゃんと打てるようになること。
これさえ体得すれば、”石とり名人”だろうが一捻りです。

ただ、その方とはあまり打たない方がいいと思いますが・・・。


あ、勉強法を忘れていました・・・。
筋を良くするためには、簡単な死活・手筋の問題を繰り返し繰り返し(100回ぐらい。できればもっと)やること、と、プロの棋譜を何度も暗記するまで繰り返し並べることです。
ちなみに私は院生だったころ、筋があまり良くなかったので「5級を目指す~~~(忘れました)」という問題集を繰り返しやっていた時期(1,2週間ぐらい)がありました。
5級なら一目でわかるだろうと思いきや、案外一目で解けない問題もあります。

簡単な問題を一目でこなせない内は、対局でその筋が現れても間違いなく対処できません。
自分の実力より下の問題集をたくさんこなすことが重要です。

そして、その勉強の傍ら、対局も多くこなしてください。


頑張ってください。

eib********さん

2009/7/1805:15:06

大きい石を取られる事は少なくなりました>>>>>>>
上達したのです。

☆石取り碁と打つ時には辺の星あたりに早い段階で打つと良いです。5子置いて辺の星あたりに2箇所も打てれば勝つ事が簡単に成ります。
上達するには、できるだけ自身と違った棋風の相手と練習すると効果ありです。

わしも石取り碁です。碁会所では5段で打って居ます。ヘボ相手にも喜んで打ちます、石を取って喜んでいます。
初段位の石取り碁は良いお客さんです。

わしは更に上の石取り碁を目ざし、筋金入りの石取り碁を目指して居ます。現在は5段位の相手の石は取れるのですが6段の相手の石は取れない状態が続いて居ます。

aer********さん

2009/7/1723:55:23

初級の方に対する私のアドヴァイスは常に
「真ん中に向かって真っ直ぐ飛べ!」です。
五子の場合は幸い天元に強い味方がおりますから、
隅の置石をこれにつなげるように打つのがよろしい。
敵の攻めを警戒するあまり、それぞれ小さく目を持って生きるのは
それこそ阿漕さんの思う壺です。
遠からずして「なんでこんな人に苦戦したのかなあ」と思うようになるでしょう。

mid********さん

編集あり2009/7/1720:41:32

私の棋力が〔関西棋院初段認定〕のレベルにあります。 8月までには 関西棋院に問題送付を請求して挑戦します。 無料で認定してもらえますので 学習も兼ねて挑戦してください。 請求は電話一本でできます。


布石は良いけれど 石を獲られるのは 局所戦に弱いからですが、 そこで問題になるのは〔どの石が強くて どの石が弱いか〕を判断できていないからでしょう。 一般に弱い石を強くすることは 強い石に一手加えるよりも大きい手であることは明らかですが、 よくあることに ある一団が弱い石になっていることに気が付いていない下手さんが少なくないのです。 その結果、黒大石をボコッと白に捕獲されて負かされてしまうのです。 この問題を解決しないといけません。


私としては解決策として3つの視点を提起します。

1. 弱い石に手を入れて潰されないようにする。

2. 局所戦闘力を高めて 相手が攻めてきても潰されないようにするために 手筋と詰碁の力量を高める。

3.若干数の石を捨てて 外勢を構築する戦略の活用を考慮する。


この3点は絶対的です。 なお、 次の一冊を推薦しますので活用してください。


苑田勇一の打っていい場所・悪い場所
(NHK出版 苑田勇一著 1050円)
http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/31334574

2009/7/1720:06:17

形がどうとか言ってるうちは勝てません

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる