ID非公開

2023/9/14 8:36

22回答

上下両方マウスピースをつけた方が歯ぎしり対策に良いのですか? 現在上しか付けていないのですが、それで十分ですか?

デンタルケア140閲覧

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ID非公開

質問者2023/9/14 9:02

閉じます インビザラインのような薄いマウスピースです。

その他の回答(1件)

ただ歯の摩耗を防ぐだけでは。歯にかかる負担は大きくなり、歯自体のかみ合わせを破壊していく。歯一本の調整さえ難しいのに、歯全体に及ぶマウスピースの調整など不可能でしょう。 咬合病、わずか10μmの早期接触が原因。これが脳神経を失調させ、自律神経、運動神経を失調させる。 鬱、不眠、情緒不安定、思考力低下、幻覚、頭痛、めまい、嘔吐、動悸、胃腸障害、過敏性大腸炎、歯を破壊するかみしめ、全身の筋肉痛、腰痛、肩こり、金縛り、けいれん等多くの症状を引き起こす(以上歯科医学大辞典、東京医科歯科大学教科書)。病院回りをしても検査で異常は見当たらず、自律神経失調という病名がつけられる。 このような症状では人間は病死、自殺する。原因、矯正、歯科人工物、抜歯、無断の天然歯の削り、埋没親知らず等。咬合紙調整では完全な調整はできないのに咬合紙調整で済ます。咬合紙調整さえ不要とする歯科医師もいる。また、歯科医師は、教科書を否定して、治療しようともしない。こうやって、病死、自殺に追い込む。