ここから本文です

自律神経節には、ニコチン受容体があるのはわかるのですが、 M1(ムスカリン受容...

asp********さん

2009/7/2914:04:15

自律神経節には、ニコチン受容体があるのはわかるのですが、
M1(ムスカリン受容体)も存在するのですか?
つまり、アセチルコリンを受け取る受容体が自律神経節には2つあるということでよろしいのでしょうか?

閲覧数:
1,365
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

blu********さん

編集あり2009/8/303:52:39

ニコチン作用は交感神経刺激
ムスカリン作用は副交感神経刺激
従って
ニコチン受容体はカテコールアミンの受容体
ムスカリン受容体はアセチルコリン受容体
ともに神経伝達物質はアセチルコリンです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる