ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(10件)

ハードウェアだと Google Pixelは音量ボタンが右側に Apple iPhoneは音量ボタンが左側にあります 片手で左手で持つ場合 Pixel はボタンが押しにくいです Google Androidは Apple Music以外のApple が提供しているサービスが利用できません (iCloud iMessage FaceTime (後から通話に参加は可能) Apple Map などが使えない) Apple iOSは AppleとGoogleのサービスの両方が使えます (Google Map YouTube Google フォト Gmail なども使える) 迷惑電話や迷惑SMSを判断する機能がAndroidには最初からついています iPhoneだと 連絡先登録以外の電話やSMSの通知をオフにする機能があります

一番は値段の差が大きいかな。 動作もiPhoneのほうが俊敏 Androidはプレビュー動画なども長押しでダウンロード出来たりしますがiPhoneは管理が厳しいため出来ません。 古いiPhone ipadはストアからも機種が非対応になり弾かれるのでアプリもインストール出来なくなり、サイトから直接ログインも出来なくなる。GoogleやYouTubeなども。 Androidは相当古くてもこの辺は使えます。

iPhoneの場合 【メリット】 ・高いパフォーマンス:iPhoneは最新の Apple Aチップを搭載していますので、最新なOSやアプリを快適に動かすことができます。 ・最新の機能:ニューモデルがリリースされるたびに、iPhoneに新しい技術が登場しています。 ・ Appleのエコシステム:Appleのすべての製品はApple IDやサードパーティアプリ、Appleのストアなどを使ってつながります。製品間の共有も容易です。 ・画面の品質:iPhoneのディスプレイは、高性能な技術を使用して鮮やかであると同時に、液晶画面の色彩などを高品質なサイズで出力することができます。 ・デザイン:iPhoneは、定評のあるデザインにより、美しさを非常に大切にしています。 【デメリット】 ・高い価格:iPhone は高価な製品です。一般的なスマートフォンよりも断然安いプロダクトはありません。 ・バッテリーの寿命:iPhoneのバッテリーの寿命は十分に見直されましたが、特に消費者が一例として指摘されているように、夜間の充電時間を前提に評価する必要がある場合もあります。 Androidの場合 【メリット】 ・端末間の差別はほとんど無く、比較的安価なので、安価にスマートフォンを楽しめる ・Google Play であらゆるアプリ(業務アプリ、ゲームなど)をインストールできるのでかなり柔軟な利用が可能 ・サービスの新機能などを定期的にアップデートができるので、ユーザー層が広きめである 【デメリット】 ・ユーザー層が広く、安価であるため、安価な端末で動作する機能が有限であるため、ハイスペックなデバイスでは動作しない ・プライバシーやセキュリティーは厳しい管理がされていないため、ウイルスが他のデバイスへ流し込まれる可能性がある ・Androidは何種類ものデバイスに対応するため、アプリの開発に時間をかける必要がある

アンドロイドは画面の自動回転オンでホーム画面のアイコン全部一緒に横になってくれるけど、アイフォンはなってくれない アンドロイドの極小パンチホールと画面内指紋認証技術で画面がすっきり アイフォンはパンチホール採用したけどダイナミックアイランドが伸びたり縮んだりしてそわそわする 一番簡単な違いだとそれぐらい

簡単に言えば iPhoneは何を買っても大抵80%の満足度 Androidは機種によって1~99%の満足度 といった感じです。 iPhoneでしかできないことは、やはり他のApple製品との連携が主。 Apple WatchなんかはAndroidでは使えません。 Androidでしかできないことは、ストアにないアプリケーションを入れられることとかですかね。 Androidはオープンソースなので改造用に自由度が高くなっています。