ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(4件)

その名の通りCを増改築して、しかもオブジェクト指向言語の創成期にできたものですから 最初からオブジェクト指向言語を作ろうとしてC++ができたのではなく、とりあえずオブジェクト指向開発に耐えられるようにCに機能を追加しています Cの全てを引き継いでいるので、Cの達人がC++に移るのはとても簡単でした オブジェクト指向言語の創成期にはCからC++に移った人が多かったです(ていうかほとんど全部) だからJavaができたのだと思います Pythonはさらに簡単化したが、最近は便利にしようとして複雑になりつつあるような気がします、VBAみたいにならなければ良いのですが

C言語が有れば作れる意味では余計とも言えますが、Qtのような便利なフレームワークを使える点では、C言語よりも簡単に作れる部分も有ります。

はい。質問者様が使わないものだらけです。