回答受付が終了しました

エンジンオイル交換後にドレインボルトの締めすぎてネジ山を潰してしまった経験があるのですがトルクレンチとあればそういう失敗は無くなるのでしょうか。 仕組みがいまいちわかりません。

回答(24件)

毎回パッキン新品にしてトルクレンチで規定値にセットしてソケット奥まで差し込んで斜めにしなければそんなことにはならないでしょうね。

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

パッキン挟むネジを 折るのは うましか

オイルパンのボルトのトルクが分かるならトルクレンチで代用するのも理論上は可能だと思いますが、 きっと分からないでしょう。 でも、ディラーやカーショップの整備士も作業をするから何か私達の知らないやり方、 ハックを知っているかもしれないから、聞いてみたらどうですか。そういうことあるから。 それに、ドレインボルトは、取り外し取り付けのときもオイルがつくから、回りやすい、締めすぎやすいから、自分が思うよりも、一周位は手前でとめた方がいいでしょうね。

そんなことあるけど、これ前提でアルミのオイルパンなんだろう? 鉄のでもあるけどそこまでおおくないしね あとDIYでの話だろう? そこまで書いてくれないとディーラーやカー用品店でされたとかになるよ で俺はカー用品店整備士です30年くらいしてるし、検査員まで持ってるけど カー用品店整備ではトルクレンチ持ってるしドレンパッキンは毎回交換だからオーバートルクで舐めることはあまりないけど、前回全然違うところで替えて舐めてると今度外して付ける時に締まらなくなることがありその時そのお店が責任をかぶることになるので上抜き選択進めるのもそうゆうことがあると思って欲しい(全部の車が上抜き出来るわけでは無いけどね) トルクレンチでもホイール要でないから、安い物もないので(調べて無いけど)DIYでは高額のを買わないといけないかもね、まあ慣れればそんなの要らないけどね あとホンダのNBOXが初期型はボルトネジ山とも短くて良く舐めてたよ、でメーカーは対策たててオイルパンのネジ山長くしたけど、ドレンボルトは短いままだから結果かわらず、でドレンボルトも長くなった、そんな経緯はありますね トルクレンチだから舐めないのではなく、一度逆回転ではめるとネジ山が合うところがわかるからそこから締めていくといいのだろうけど、これも経験がいるかもね

単に加減がわからない、トルクオーバーで何でもかんでも力任せ、しまいに締めすぎてしまってネジ山潰した、タイヤ交換ならハブボルト折ってしまった、ということになります。特にオイルパンがアルミだと締め加減がわかりません。 トルクレンチは他回答者様も仰られている通り、既定のトルクに達するとカチカチだか何だか音が鳴るのでそこで締めるのを止めることです。鳴りっぱなしで締めることはオーバートルクでトルクレンチまで壊してしまう可能性が大です。 余計な力を入れずともある程度締めたところ、ドレンボルトにワッシャー(座金)を付けて(本来はワッシャーは毎回交換する)、締め付けてワッシャーが潰れたところで締めるのを辞めると丁度良い塩梅になります。 ワッシャーを再利用する場合は既に潰れているのでそこから余計な力を加えずに締まったところで中断します。