回答受付が終了しました

ID非公開

2023/11/24 4:10

1616回答

高校2年生の女です。将来、進路について悩んでいます。 将来アニメーター・漫画家・声優・美容師・(保育士) どれかの職業に就きたいと思っております。

回答(16件)

どれかの職業に就きたいと思ってる時点でどれも無理。

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

高校生になったら、憧れだけではどうにもならない事があるということ、わかりますよね?自分の才能や適性が分かってくる頃だと思います。 マンガやアニメが好きで、その事に関わっていきたい気持ちも分かりますが、才能がものを言う業界ですので、それらを仕事にするとなかなか大変です。イラストが好きなら、デザイン系の仕事もあります。こちらの方がまだ現実的かも知れません。 美容師はお客さんとのやり取りだけでなく、指名制などで従業員同士の妬みや人間関係が難しいと聞きます。 保育士あたりが、この中では無難な気がします。保育士は教材作りなどで絵を描くことも多いので、趣味を活かす事も出来るでしょう。

候補多いな〜〜w 結局一番なりたいのはどれなんですか。 それ次第ですよ! 逆にこの中でどれでもいいという程度のなりたいレベルなら 確実になれる可能性の高い美容師か保育士でしょうね。 美容師は免許とればなれるけど、実力主義の世界だから、自信がないなら保育士かな。

まあでもそんなに決まんないなら職種を考えるのはやめて、 いま自分が学びたいことや行きたい学校をひとまず優先させたら? 自分は、美術ぐらいしか得意なもんないからなーと 近隣のデザイン系短大に進み 卒業寸前で決めましたよ。

人間関係で悩んで部活にも行けなくなっているようでしたら、画力どうこうは置いておき、まずは人間関係についてを解決するべきかと。またアニメーターは業界に早入りした方が有利ですので専門学校を考えてもいいかと思います。

ID非表示

2023/11/28 14:41

>アニメーター・漫画家・声優・美容師・(保育士) どれかの職業 >入った方がいい部活、勉強しといた方がいい事、どの職業がいいと思うか、就職率はどのくらいか。成功するか。専門学校や大学について、予備校や養成所について、賛成、反対など ■部活 部活はどの職についても関係ありません。 ■勉強 アニメーター、漫画家は高校時代からセミプロレベルになっておかないと、将来プロになるのは厳しいと思いますので、日ごろから常に描き続けることが大事だと思います。 アニメーターは絵の訓練だけで良いと思いますが、漫画家は実際に漫画を描いて、投稿や持ち込みなどをして、出版社の批評を得る訓練をしておくのが重要だと思います。 漫画家の場合、理想は高校時代のうちに受賞・担当付きになっておくことです。 もし高校時代にまともに投稿もできないか、投稿しても賞にまったくひっかからないなどなら、あまり才能がないと思いますので、進路については漫画以外の道を検討した方が良いと思います。 それ以外の仕事では、特別な勉強は不要と思いますが、アニメ・漫画・声優で一生食べていける人が少ない事を思うと、保険としてそころこ良い大学に入っておいた方が得策と思いますので、一般的な受験勉強もしっかりやって、ある程度の大学に入ることをお勧めします。 ■進路 美容師・保育士は、専門学校や短大・大学などで国家資格をとらないとなれないと思います。(美容師はほぼ専門学校) 資格がとれる進路を選びましょう。 アニメーターの場合は専門は行っても行かなくても良いと思いますが、専門に行かなくてもなることができる仕事であると同時に、非常に収入が低く、9割が一年以内に辞める激務職であることを考えると、保険として普通の大学などに行っておく道も検討して良いと思います。 漫画家・声優は専門に通う必要はないです。専門にもあまり意味はないと思います。 普通の大学などに行って、学歴の保険をとっておくのが良いと思います。 声優は、専門→養成所の人もいますが、いきなり養成所に行く方が効率的だと思います。 いきなり養成所に合格できない人は、もう声優自体諦めた方がいいと思います。 ■就職 保育士は常に人材不足なので、就職先には困らないと思います。ただ激務薄給です。 美容師も、厳しい職業ですが手に職であり、しっかり真面目に努力すれば、どこかしらで働けるのではと思います。 両方とも、就職先に困るというよりは、仕事が薄給激務すぎて続けられない方が多い仕事です。 アニメーターは、社員扱いになる会社が少なく、個人事業主扱いになることが多いです。そのため、最低賃金以下で働かされ、生活もできないレベルの超低賃金になることが多いです。(九割辞めるのはそのためです) 好きじゃないと絶対できない仕事ですが、好きでも続けられない人が多いので、よく調べておくことが重要だと思います。 稀にですが、ちゃんとした待遇の会社もあります。ただし競争率は高かったりします。 漫画家は就職はありません。完全自営業です。勝手に自分で編集部に持ち込んだり、受賞したり、SNSでバズったりして、仕事にしていきます。 担当運などはあるものの、基本は完全に実力次第の仕事です。 競争率は高いです。副業ならともかく専業にできるのは一握りです。 声優も同じくです。ただまずは良い養成所に所属できることが重要だと思います。漫画家と違い、完全に自分の力だけで有名になったりすることは難しいと思います。 競争率は非常に高く、成功できるのは五万人に一人とかそういうレベルだそうです。漫画家より厳しいと思います。 正直、高2の時点でその状況ですと、アニメーターや漫画家のような、若いうちからの鍛錬が必要な仕事にはもう間に合わないと思います。 声優もあまりに競争率が高い仕事なので、現実的ではないと思います。 美容師か保育士で具体的に考えてゆくのが良いと思います。 漫画は副業としてやるということもできます。