ID非公開

2023/11/24 9:56

2222回答

スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんというひとが、「人はみんな産まれる前にどんな人生にするか自分で決めてから産まれてくる」というような事を言ってたらしい(聞いた話なのでほんとかはわかりません)が、

1人が共感しています

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

一意見として、決めつけて説教や脅しのように語らない姿勢が好きです。

お礼日時:2023/11/29 7:58

その他の回答(21件)

大学名とか、結婚相手を特定するという意味ではなくて、人生の大きなテーマ「人のために尽くすこと」「努力し続ける人生」「貧乏から裕福に這い上がる人生」など、おおざっぱなことを意味していると思います。 俳優に関しては、俳優になると決めていたというよりは「演じることが人生のテーマだったので俳優になった=俳優と決まっていた」という解釈をしてしまいそうです。

そうなんです。決まり事だけしか無いんです。よ 貴方が子孫繁栄を望んだとしても高々50億年後には太陽系は無くなります。無駄です。(家族が好きで過ごしたい)は別ですね。知った方が自身の幸せを遂行するのもアリ!変えようとして変えたのも決まり事ですよね。 例えば、貴方がいつもそうしているのにこの時には変えようとした時そうして行動しますよね!なんて言いながら変えなかった、も!そうしていましたよね!過去ですから分かりますよね。それを経験して、また変えようとしても成長度合いに対して行動します。生を受けた時点で決まっています。変えようとしたり変えないとしたり、しますよね。

結果が出たことに対しては全てが運命です。 そして運命には先天的な運命、後天的な運命があります。 先天的(過去)な運命とは、後天的(未来)な運命を作る為の過程であり、産まれる前から決まっている、決めていることです。 未来は過去の運命を基盤とし、今度は自分で運命を作っていくことです。 これが後天的な運命です。 生まれついての病などもそうです。 人によりストーリーは異なりますが、これを克服して幸せになるという人生というのをストーリーで描き、産まれる前に記憶を消して楽しみます。 人間はその時がひとつではなく、何度も個体を変えて色んな体験、ストーリーを作って、魂に刻んでいきます。 学校とか、就職先とかはかなり大雑把とは思いますが、このくらいの学力でこのくらいの就職先で将来的には〜を克服して〜になるみたいな大まかな設定はしていると思います。 他人がいるのでアドリブは入るとは思いますが、大体人生なんてそんなものです。

生まれる前の存在にそこまでの力はありません。それらを決められるということは関係する人すべての運命も同時に左右することになります。

人は輪廻転生をする、という話が本当だとすると、「次回人間に生まれたらこういう風に生きていきたい」という気持ちを過去生で持っていた、というのは理屈的に納得できます。 ただ、この世に生まれてくると、過去生の記憶は全く消されてしまうので、過去の自分が何を思ったのか自分もわかりません。また、輪廻転生の場合、生まれ変わるのに普通は100年くらいは掛かるので、予め行きたい学校や就職先などを決めていた、という話があるとすれば、それは信じ難いですね。 もっと漠然とした、過去貧乏だったから今度は生活に困らない生活をしたいだとか、結婚に恵まれなかったから次は良い人と出会いたいとか、そういう事じゃないでしょうか。 ちなみに輪廻転生した記憶を持っている人は世の中に存在していて、本来の寿命ではないのに若いうちに事故にあって、割とすぐ生まれ変わった方は子供のうちは過去生の記憶があるのですが、予言者みたいな「私はこうなるんだ」的な話は聞いたことありません。