【個人事業主】現金出納帳がない場合 今年より青色申告65万控除を目指す者です。 個人用と事業用の口座をわけておりません。

会計、経理、財務 | 企業と経営202閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

リンクもつけてくださりありがとうございます!参考にします!

お礼日時:2023/12/7 12:03

その他の回答(6件)

55万円以上の控除が受けられる要件は複式簿記で仕訳帳と総勘定元帳 を作成して貸借対照表、損益計算書を制作する必要があります。 口座、現金出納帳は要件には入っていませんので無くてもいいですが、 仕訳帳と総勘定元帳は必要です。 全てを事業主勘定でやってはいけないと言う決まりはないので 問題ありません。

仕入はなくても 例えば 現金払いの経費とかはないのでしょうか?

現金出納帳は保管義務がある帳簿なので 将来税務調査があった場合、 現金出納帳がないと何らかのペナルティが 課せられる可能性があります。

そもそも、青色申告は、仕事用とそれ以外を分けるところからスタートします。 特段必要性を感じておりませんでした。 → 分けてください。