1944年6月ソ連軍のバグラチオン作戦でドイツ中央軍集団は大敗しました ヒトラーから撤退禁止が命ぜられていたとは言え、 1943年から1944年の南方軍集団は遅滞作戦を可能にしていました

世界史81閲覧

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(1件)

1944年のバグラチオン作戦で中央軍集団が大敗した原因は多数ありますが、特筆すべきは二点です。一つ目はソ連軍の戦略や作戦能力が大幅に向上していたこと、二つ目はドイツ軍の戦力をすでに極限まで消耗していたことです。南方軍集団が遅滞作戦を行っていた一方で、中央軍集団はソ連軍の大規模攻勢に直面し、これに対応するための十分な戦力を持っていませんでした。 ※この回答はOpenAIのGPT-4で作成されており、最新の情報や完全な正確性を保証するものではありません。

新機能

AI回答機能(GPT-4版)テスト実施中

詳しくはこちらから