なんで日本政府は為替介入できないのですか? けっこう外貨持っているようだから今のうちにしたら良いと思いますが。

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(6件)

ドル/円のショートポジションでも持ってるの? 介入なんて無いよwww

昨年の為替介入などは財務省が日本国民の資産を10兆円以上溶かした状態。 「日本が通貨発行不可能な基軸通貨ドル」を「日本が無限に通貨発行可能なローカル通貨円」に交換しているので、円高誘導目的の為替介入はお金を溶かしているのと同じです。 例えば、2019年の日本の原油輸入金額は7兆9,000億円。一方、2022年の完全に無意味だった為替介入に10兆円以上使ってます。もしあの為替介入資金を原油購入に使っていれば1年以上日本国民の原油使用を無料にして、コストプッシュインフレを大幅に抑制することができました。保有ドルの賢い使い方には他にも様々な選択肢がありえます。 財務省が保有ドルを為替介入に使用しているのは、ドブに金を捨ててるのと同じ行為です。

今の状況だと、前回と同じ介入をあと2回はできると言われています。 しかし、他国の利上げも落ち着いているならば焦ることもなく、また、金利差がある異常、現状為替介入しても効果が薄いと考えられるからです 実際、私も円売りしていますが、為替介入で円高になったら、円売りを追加します

為替の変動要因は金利差によるところが大きいので、やったところで数日の効果でしょう。 また、為替はやたら介入するものではありません。市場原理で動くものです。 特に円安の介入はドルを売って円を買いますので、日本で刷れる円を買っても得しませんし。

生産者物価指数では10月が0.8%で輸入インフレは終息して来ています。 この状況からすると、現在の為替水準は貿易基準では心地いいのです。 また、生産者物価指数からすると消費者物価もサービス寄与分を除くと落ち着いて来ると推定されますので、日銀や財務省がなにか緊急に対応する必要が無いのです。