親が添加物やグルテンについてうるさいです。

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(5件)

こだわるのもいいけど、基本的な栄養の知識がないと栄養失調になるよ。米と漬物だけ食べてたら脚気になるように、自分で問題ないと思った食材を栄養が偏らないように組み合わせないといけない。ベジタリアンもヴィーガンも思想は自由だが、思想によって雑食の人間が草食動物に変化するわけじゃないので正しい知識が必要。 添加物も昔何日たっても腐らない弁当を引き合いに添加物の多さが話題になったが、食べて体調不良起こすのは腐った弁当のほう。いつか体を壊すのを恐れて添加物を嫌うなら常に新鮮な物を食べて腐敗を恐れるようにしないと。 正しい知識のもとでできるなら何の問題もないけど、それで栄養失調にしたり入院した時に病院食拒否したり食事を理由に子供の入院拒否したら輸血禁止で子供の手術拒否の宗教団体と変わらない。 食材と調味料こだわっても美味しいものは美味しいので、そこは単純に腕の問題でしょう。

単純な問題として、一部特異的な専門家は除き、癌の大きな原因の一つは従来からの食事であることで、多くの専門家の意見は一致しています。添加物は、基本的に膨大な基礎研究から、安全な使用範囲で認可されており、実際の摂取量は、それを大きく下回りますから、一般論としては、気にする専門家は特異的です。 実際、多くの添加物は食品に普通に含まれている成分ですし、肉の発色剤である亜硝酸は、野菜からの摂取量の方が遙かに多いです。

無添加なんてものはないと思います。 野菜一つにしてもオーガニックと謳っていても農薬使ってます。◯%以下なら無農薬だとかいて良いのです。 例えば農薬一切使ってません。といえどじゃ土壌は?雨は?となります。 無知だから怖がるんです。無意味です。

私も好きな物我慢して寿命が数年延びるだけなら、好きな物食べて暮らしたい派です。 バランスよく食べればいいとおもっています。