杉田水脈議員に批判的な市民が多い理由がさっぱりわかりません。杉田議員はバランスを取る存在であり、我々国民の真の代弁者ではないでしょうか?

政治、社会問題 | シニアライフ、シルバーライフ142閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました

お礼日時:2023/11/30 8:00

その他の回答(7件)

国会議員としての発言ではないでしょう。それを認めている自民党も同類項。バランスをとるなら野党に行けば良いのです。

杉田水脈の発言が、明らかな差別だからですよ。 例え誰が着ようが民族衣装を着た人が、その民族のアイデンティティを訴えている場において、その民族衣装をコスプレおばさんといって「恥さらし」などとこき下ろしたら完全にアウトです。 それは保守から見ても完全なアウトで、例え誰が着ていようが関係なく、民族衣装を出している以上は完全に差別発言で、その発言がヘイトじゃないとかありえませんので完全な差別主義者が確定します。 もし、これが理解できないのであれば、貴方もまた同様の発言などをして差別主義者と認定される可能性があります。 またデマも多く、例えば在日特権などは完全なデマなので、例え保守でも全うな保守は在日特権なんてデマを信じたりはしません。 そもそも与党議員が、その与党が否定する様な特権があると主張するなら、ちゃんと与党内部で対応しろ!って思います。 いや出鱈目だから、早々に自民党はこのような差別主義を比例区に置くのは止めて欲しい。本当に保守の面汚しです。

フィフィさんやホンコンさん、それに杉田議員に竹田。 皆さん、思想や言動が顔に出てしまっていますね。 どんな思想や容姿であっても生きる権利はあります。ただし、差別すれば、反撃されるのも仕方ありません。

>批判的な市民が多い んだから >我々国民の真の代弁者 には絶対なりませんよ。 自民党もそれを分かってるから比例でしか出さないのです。 まあ、バランスという意味では、差別主義者にも生きる権利はありますから、差別主義者代表としての意義はあるのかもしれません。