電気主任技術者1種(電験1種)は難関資格ですが、国公立大学で理系を学んでいる方にとっては割りと余裕ですか?

資格 | 工学888閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(5件)

ID非公開

2023/11/30 7:34

頭がよくても電験の試験勉強が出来れば一般の人よりは余裕ですね

三流私立工学部出身(化学系)ですが、電験三種に2年掛かりました。 取引先に神戸大学の電気科卒で優秀な方がいらっしゃったのですが、電験二種の二次試験は一発で受からなかったようです。 上位国公立のピンポイントに電気科の人でも電験の試験内容をしっかりと把握して、ある程度勉強しないと難しいのではないかと思います。

私が電験に合格した40年前の各種別ぼ試験合格者数は、全国1種16名、2種200名、3種2000名でした。 当時の1種は参考書や過去問も公開されておらず、1種の参考書は自身で作ると言われていました。試験は6科目2日間で行われ、1科目3問で60%以上とれれば口頭試問がありました(記述式。2種も同じ)。 当然科目合格はなく、1発ですべて合格が必要です。 だから、1種も2種も雲のような存在でした。 今は参考書も過去問もあり、科目合格も可能なので、毎年150名程度合格していると思います。 認定資格というと、2種では3種を試験で合格し、50%が認定と言われています。1種は結構認定が多いのではないでしょうか。 1種の認定ですが5万V5年間というのは、結構条件が厳しいです。 というのも、ビルで特高66kVは非常に少なくなり、工場くらいでしょうし、現在、特高は22kVのスポネが主流となっています。(2種ですね) 一方、電力会社や工事会社の外線送電部門では、送電が154kV(66kVもありますが)以上であり、発電所、変電所、送電、給電指令室などは毎日の業務が認定実務経験を満たしています。 昔から外線送電部門では1種認定が多いと言われていました。 数学・物理が好きで、計算が大好きという人は、理論は通るかもしれませんが、電力、機械はものを知らないとできません。 二次試験の電力・管理、機械・制御も計算ができないと話になりません。 大学で非常に数多くの問題を解き、実務経験を積めば1種合格もできるとは思います。 論説は満点が難しく、計算は1問30分しかかけられないので、スピードと正確さが必要です。二次の機械・制御が鬼門で、これで結構勝負が決まります。 国立大学なら余裕ではないでしょう。3種でも合格するには1000時間と言われています。 若槻先生によると、電験は1910年法制化、1911年から施行だそうです。 100年の歴史がありますね。

電験三種を実務経験で取っています。 私は実務経験で取ったので、面接(面接という試験)でなんとか取ったのですが、電験二種、一種だと、実務経験で取るにしても、試験で取るにしても、面接のハードルがかなり高いです。 国公立の理系とありますが、電験の試験に出る教科を専門で教えるところは少なく、母校(関西大学電気工学科)でも、ほぼ、選択教科(電気法規、送配電工学とか)でした。 筆記試験の難易度だけでなく、面接でもきついので(私が三種の面接の時、先に、二種の方が面接受けていたのですが、ボロクソに言われていました。発電機取替の際の試験について答えられなかったです。その次、私の時に、私の実務経験で、発電機の取替は無かったのですが(発電機はあるが)、同じ質問が出て、まず、無負荷でシーケンス27の不足電圧継電器の試験をします。更に、発電した電気の相回転を確認します(正相か逆相か。どちらが正解とも言える。つまり、電力会社からの受電の相が正しい)。その後、負荷をある程度増やして同じ試験をして、最後に全負荷試験しますと回答したら、前の方残されていて、「三種でもこれだけ答えられるのに、何を考えているんや!!!」と再度怒られていました。 実務経験での面接でも、試験監の気分で、違う問題も出ますし、かなり難易度が高いです。 仕事している時に(私も、電験三種、ペーパードライバーではなく少し電気主任技術者の経験あり)、関西電気管理技術者協会の方と話したことがあるのですが、殆どの方が、一種か二種持っています。 関西電力、鉄道会社(京阪)、関西電気保安協会のOBです。 三種の取り方は試験、私のような実務経験と色々ですが、二種以降は、知っている方全て実務経験で取られています。 試験が難しいこともありますが、実際の実務経験での面接がかなりハードルが高いと思った方が良いです。 質問者様が、国公立理系で余裕と思うなら、実際に受けてみたら良いかと思います。 電気事業法の改正で、電験の試験、科目合格制度(電気法規は必須で、他は翌年度持ち越し可能)が出来たのですが、それでも、電験三種の合格率5%とかです。一級建築士以下と言われています(こちらは、二次試験の製図が超難関)。

そんなことは無いようです、 基本試験を受ける方はほとんどいらっしゃいません。 それでも受験され試験合格者は1名しか知りません 興味本位や上司からの動機付け等での受験者は全滅 の記憶です。 国公立大学工学部はほぼ認定校ですので、卒業後5万V以上の 設備維持等実績5年以上で1種の認定資格取得可能な状況 ですので、コスパ上受験される方はほとんど無いようです。 以上