平成+令和が「平和」になるのは、この時代に世界が平和になることを暗示しているとは思いませんか?

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(4件)

オモシロいことを言うね~。 ただ残念ながらそれとは正反対。 思えば、20世紀の時期を結構長い間過ごした自分としては、21世紀は夢のような 素晴らしい時代になると想像していた。 古いけど、鉄腕アトムのようなマンガに描かれているような、車は空を飛んで 行き来し、多くのロボットが人間を助け幸せなバラ色の生活になっているんじゃ ないかと。例えばね。 実際平成に入ったばかりの頃の、20世紀も終わりになろうという時期に ベルリンの壁崩壊など長期にわたって続いていた東西冷戦も終結し、 対立構造も解消して平和な時代がやってくる、そんなことを感じさせてくれた。 ところがふたを開けてみれば中東のような宗教対立の戦争は相変わらずだし ロシアや中国のような力で世界を牛耳ろうとする権威主義国家が まるで19世紀の列強の時代みたいに復活して登場し、21世紀は平和の時代 どころか争いの時代となりつつある。夢見ていた21世紀とは正反対で 実に残念至極。 質問者氏のおっしゃる暗示が現実になることを切望してやまない。 ただ、これも他の回答者氏のおっしゃるような「平成、令和を飛ばせば」で 時期的には少なくとも令和が終わってからになりそうな気がする。

ウクライナに次いでガザ騒ぎで到底平和に向かっているとは思えません 日本の周辺だけでも北朝鮮が跳ね返っていますし、中共も台湾統一を 絶対に諦めようとはしていません 平和どころか戦いの予感さえ強く感じられます